『サンデー毎日』中高一貫高校の受験に関する記事に定評のある『サンデー毎日』。佼成女子もよく記事中に取り上げていただいています。
その『サンデー毎日』3月3日号(2月19日発売)に掲載されている「2013年入試速報第1弾 大学合格者高校別ランキング」には、「就職実績が高い女子大が人気」ということで、女子大の人気復活がうたわれていました。
まだ最終集計ではありませんが、佼成女子も、日本女子大19人、東京女子大7人、実践女子大7人合格ということで、学校名を掲載していただいています。

左は『サンデー毎日』3月3日号(定価370円)。ご興味のある方は、書店、コンビニ、駅売店等でお求めください。


大学合格者高校別ランキング一時期、女子受験生の共学志向で人気が下降とも言われてきた女子大ですが、昨年あたりから女子大に対する評価が復活したとも言われ、今年は昭和女子大の前年比39.9%増を代表に、中堅女子大以上はいずれも10%以上と全体的に増えており、本校の受験生の志望動向を見ても、それは顕著に感じられます。

女子大回帰の最大の理由は、就職率です。『サンデー毎日』によると、全大学の就職率が76.1%なのに対し、女子大の就職率は78.7%。なかでも英語を専門に学ぶ学部・学科や、教育系、児童系、食物・栄養系といった手に職系の資格が取得できる学部は就職率が数%高くなっているとのこと。
その就職率の高さを支えるものは、女子大ならではの学校の学生への面倒見の良さ。また男子学生がいないために女子学生が無理なくリーダーシップを発揮できたり、協調性を身につけてチームプレイで成果を上げられるなど、その大学の卒業生が企業が求める人材像に当てはまりやすい、といったことがあげられ、女子教育ならではの利点が存在すると思われます。

いずれにしても、大学選びの最大のポイントは、将来の夢の実現であり、その土台となる就職についての視点もたいへん重要になると思われます。

佼成学園女子中学高等学校 広報室)