卒業生を祝う会平成25年3月16日(土)、高校の卒業式後、保護者会主催の「平成24年度卒業生を祝う会」が開催されました。卒業生の保護者の方々も多数ご参加いただき、たいへん楽しい会となりました。フォトレポートでお届けします。


「卒業を祝う会」の設営をしている間、式を終えた卒業生たちは教室で最後のホームルーム。こうして教室に保護者の方々を迎えるのは、入学式以来です。

卒業証書授与
担任の先生から、改めて一人一人に卒業証書が授与されました。
だるまに目を入れました
こちらのクラスでは、みんなの受験を見守ってくれただるまに目を入れました。1年間、ありがとう!
卒業を祝う会
いよいよ「卒業を祝う会」の始まり。担任の先生を先頭に入場するのは卒業式と同じですが、表情は一変してはじけた笑顔。BGMは嵐の「ワイルド アット ハート」。
司会
司会は保護者会の木下さん。さわやかな司会ありがとうございます。卒業生の保護者がホームルームに出ている間、飾りつけは高2と中学の卒対の保護者の方々が手伝ってくださいました。
酒井理事長
まずは酒井理事長よりお祝いの言葉をいただきました。「第一志望に入れた子も入れなかった子もいるでしょう。しかし、人間万事塞翁が馬という言葉があるように、人生はどう変わるかわかりません。それぞれ入った学校が一番いい学校だと思って励んでもらいたい。そして佼成女子を忘れないで、また顔を出してもらいたいと思います」
山内校長
山内校長からは、「私が佼成女子の校長になって3年、最初に迎えたのが皆さんです。新任の校長として皆さんと1年1年共に成長してきた思い出深い方々を、今世の中に送り出します。学んだことを活かして、必ず自分の夢を実現するという強い思いを持っていてほしい。美しい女性になってください。おめでとう!」
記念品贈呈
れいほう会(同窓会)会長の練尾さんより、記念品贈呈。卒業生は明日かられいほう会メンバーです。記念品は、卒業生の胸を飾ったコサージュ。毎年違うデザインで、今回も去年の秋から同窓会の方々が手作りで一つ一つ作って下さいました。
卒業記念品の贈呈
後援会会長の北村さんより、卒業記念品の贈呈。今年は熊野の化粧ブラシセットで、なでしこジャパンが国民栄誉賞を受賞されたときの記念品と同じものだそうです。大事に使ってください。
記念撮影
乾杯の発声担当は江川教頭。「卒業式での嶋田さんの答辞の最後の言葉、そして先ほど理事長先生のお言葉から、乾杯の発声は“またね!”にします。最後だと思わないでね」との言葉で、みんなで「またね!」
お待ちかねのお食事タイム。お腹が落ち着いたところで、友達や先生との撮影タイムも始まりました。
花束贈呈式
今まで涙を我慢していた先生方がついに涙ぐんでしまった花束贈呈式。
代表して井上教頭から「中学からの6年間、高校からの3年間、よくがんばりました。みんなのいろんな修羅場を、先生方のいろんな修羅場を見せてもらいました。今日はここでみんなの笑顔と、支えて下さったご家族の方の笑顔が見られたのが、私たち教員にとって何よりの幸せです」
合唱
全員で写真には納まりきれない大きな円になり、生まれてから18年のことを保護者の方々も卒業生も思い出しながら、一緒に大合唱。歌はAKB48の「GIVE ME FIVE!」。
卒業生代表挨拶
卒業生を代表して鈴木雅咲子さんのご挨拶。「先生方、6年間、本当に楽しかったです。佼成女子に来られて、本当に良かったです。お母さん、今日まで健康に育ててくれててありがとうございました。大学生になったらもっと手伝うので、またお弁当作って下さい」
保護者代表挨拶
保護者代表として、卒業対策委員会委員長の岡崎さんから。「先生方、生徒の長所をより伸ばして下さいました。生徒の短所はその子の個性と、根気よく見守り続けてくださいました。そんな温かな環境の中で学べた子供たちはとても幸せだったと思います。このご恩は、生徒たちが後輩のために力を注ぐことでお返ししたいと思います」
卒業対策委員会
「卒業を祝う会」は、これにて閉会。卒業生たちとついにお別れです。ほぼ1年がかりで貴重な時間を使ってこの会を主催して下さった保護者代表の卒業対策委員会の皆様、本当にありがとうございました。全員のお写真でなくてすみません。
最後に先生方が花道をつくり、生徒たちはフラワーシャワーで退場。みんなで寄せ書きしあった思い出の卒業アルバムを大事にかかえ、最高の笑顔を見せてくれました。いい香りのするこの花びら、記念にそっと持ち帰る卒業生も。みんな名残惜しく、最後まで記念撮影は続きました。
卒業の書
担任の先生からのはなむけの言葉にもありましたが、「みんながみんなお金持ちになれるわけではないが、みんながみんな幸せになることはできる」「学校を卒業した後も勉強を続ける人になって欲しい」。
母校を巣立った卒業生たちが、いろんな模索をしつつ、成長しつつ、自分の幸せにたどり着いてもらえればと願っています。
次回は20歳になったとき、「成人を祝う会」で近況を聞かせてください。“またね!”

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)