Heartまた3月11日がやってきます。
2011年に起こった東日本大震災からの2年がたちました。日本人は家族や地域の絆を意識するようになり、身近な人たちとの関係を大切にしたいと思う人が増え、「絆」という言葉が強い意味を持って使われるようになりました。
佼成女子における震災からの2年間にも、生徒たちの心の変化が見て取れるように思います。


東日本大震災が2011年3月11日、その前月のニュージーランド・クライストンチャーチ地震は2月22日でした。
佼成女子とは縁の深いニュージーランドで起きたこの大地震からも2年が経過し、追悼式には現地語学学校に留学して被災された日本人の遺族も出席したとのニュースも流れました。ニュージーランドのこの地域も住宅再建はほど遠い状況と言われています。二つの国のどちらも被災は終わっていないということは、私たちが忘れてはならないことです。

吹奏楽部昨年の2012年夏休み、佼成女子の吹奏楽部有志メンバー35名による「ボランティアと追悼キャラバン」が行われました。大震災直後からの、現地で直接お手伝いできないかという生徒たちの声がようやく実現した出来事でした。
8月18日から20日の3日間、部員たちは釜石市の仮設住宅の皆さんの前で演奏と炊き出しを行い、そしていまだ大きな傷跡を残す被災地を見て、被災地の方々のお話を聞き、様々なことを感じ、考えて、学校に帰ってきました。
そして、12月22日の終業式、在校生全員の前でキャラバンの報告が行われました。
「被災地の皆さんは家や家族を亡くしている方がたくさんいらっしゃいます。そんな中、私たちは帰る家があり、家族もいて、そういう状況がごく当たり前だと思っていましたが、それがとてもありがたく幸せなことだというのを身に染みて感じました。被災地の方々と話をしてみなければわからないことがたくさんありました。高田高校では、3階の窓ガラスはまだ割れたままで、教室のカーテンが風にあおられているのを見たときは、全員言葉を失いました。陸前高田市の市役所では、亡くなられた方々の追悼を込めて、先ほどの曲を演奏させていただきました。全員が感情を音に込め、涙を流しながらの演奏となりました。とても多くのものを経験し、感じることができました」
吹奏楽部員が言葉を失ったという、復興の進まない、がれきがそのまま残る現地の写真は、全校生徒たちにも衝撃だったでしょう。
OGの皆さんからも、夏休みや冬休みを利用してボランティアに行ってきたといった報告が聞かれるようになりました。震災から1年半経過し、ようやく被災地には何が必要なのか、手助けのためにどうしたらいいのか、落ち着いて判断できるようになったと言えるかもしれません。

大震災が起こったとき、被災地に家族が住んでいる生徒がいました。
彼女は直後の校内放送で、全校生徒に「私たちにできることは、『被災者の方々へ思いをよせる』『生活できることへの感謝』『今できることを行動にする』ではないか」と語りかけました。佼成女子のアクションは、あの日から始まりました。

募券箱その年9月の乙女祭のテーマは、『ACTION!!!~世界の愛を原動力に』。震災後の3月24日のミーティングで決定したもので、世界中が日本を助けてくれたことに対して私たちも何かしたい、何かしなくちゃという気持ちが感じられるものでした。
震災の影響で生徒会や行事のための活動も予定通り進まない中で、「自分たちができる範囲のことをやっていこう」とみんなで知恵を出し合いました。
募金は行事等のタイミングを利用してその都度行われ、節電や節水は現在も意識して続けられています。またそれは、現在行われているエコキャップ運動にもつながりました。
震災後は、生徒たちもあまりにも大きな被害状況を心の中で消化しきれず、気持ちが混乱することもあったでしょう。しかしそんな中でも自分たちで考えて、生徒たちはできることをコツコツとやってきました。

2011年9月の創立記念式典講演では、非営利活動法人ジェン(JEN)の杉浦さんからお話を伺う機会がありました。石巻在住で、直接津波の被害にあわれた杉浦さんはこう語りました。「被災地に支援をしたいと思ったら、まず自分の目で見て、感じてほしい。それを忘れないでほしい。人に伝えてもらい、今後につなげてほしい」。この言葉は、生徒たちの心にしみたと思います。まさに昨年末、吹奏楽部のメンバーは、見てきたこと、感じたことを全校生徒に伝えてくれました。
「被災地のことや、そこで頑張っている人々を忘れないで欲しい」という言葉を、今も被災地の方々は口々におっしゃいます。忘れるということは関心をなくすこと。それは、この大きな震災を風化させるということに他なりません。私たちは、今何もできることがなくても、忘れなければ、考え続けていれば、必ず次につながります。
こうした大きな不測の事態が再び起こったときに、人のために何ができるか、どんな行動を取れる人間になりたいか。生徒たちが将来の仕事や夢を思うとき、そんな視点からも考えられるような人であって欲しいと願います。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)