中学校卒業を祝う会平成24年3月22日(金)、卒業式を終えた中学校卒業生の「卒業を祝う会」が、本校講堂で開催されました。卒業対策委員会の方々がほぼ1年をかけて準備して下さったこの会、3年間を振り返り、高校生活への希望に満ちた素晴らしい会になりました。

記念撮影
式典のあと、卒業生たちは校庭や教室で記念撮影と最後のホームルーム。その間に、卒業対策委員会の中2の保護者の方々がてきぱきと準備をしてくださいました。
中学校卒業を祝う会
卒業生たちは卒業式と同じ開場である講堂に、卒業式でもらったチューリップを手に今度は笑顔で登場です。司会は卒対委員会の梶原さん。
酒井理事長
酒井理事長からは、山内校長がホームページに定期的に掲載されているコラム「和顔愛語」の話から、「笑顔は最高のお化粧ということわざがあります。どうか今日の喜びを、家に帰ったらご両親に感謝して、笑顔を忘れないで4月から高校生活を送って行ってもらいたいと思います」とのお言葉をいただきました。
山内校長
山内校長からは、「皆さんは、私が校長になって初めての新入生でした。今日の桜は7分咲きです。あと3分咲かせると満開。皆さんがぜひ高校ですてきな桜を満開にできるようにがんばってください」
後援会長
後援会長の北村さんは松下幸之助さんのエピソードを語って下さいました。「勉強できること、学校に通えること、そのこと中に幸せを感じながら、皆さんがこの先過ごしていくことを願います」
記念撮影
乾杯の音頭は江川先生です。「皆さんの笑顔に乾杯!」
お待ちかね会食タイム。そして始まる記念撮影。
思い出のビデオ上映
3年間の思い出のビデオ上映。後半は、卒業生全員のほんの小さな頃からの写真が。その無邪気な笑顔に、みんな家族の愛をたっぷり受けて大きくなってきたんだなあと感慨深いものがありました。素材集めから編集まで、たいへんなお手間だったと思います。素晴らしいビデオでした。
合唱コンでの発表曲を披露
ここで、今年1月の合唱コンでの発表曲を披露。1組は「証」、2組「手紙」。いずれも合唱コンでは銅賞、金賞を取った思い出の曲です。会場の先生方、保護者の方々に感謝の想いを込めて。
担任の先生から一言
担任の先生から一言。1組担任の在原先生は、「人として生まれたからには、どんなところに置かれても自分の花を咲かせてほしい。出会いを大切に、人を一つの型や偏見で見ないでください」と、在原先生流のユーモアを交えてお話して下さいました。
担任の先生から一言
2組担任の井上先生は、「この学年72名が、どんな行事もひとつひとつ大切にしながら全力で走っていた姿を、在原先生と共に見させてもらえて、本当に幸せでした。よくがんばったね。今日は本当にほめてあげます。おめでとう!」。いつも厳しい井上先生のこの言葉には、涙ぐむ生徒も。
保護者代表挨拶
保護者代表の吉田さんのご挨拶。
「3年前のよき日にこの学校に入学したかわいい子供たちが、こんなに大きく立派になり、セーラー服がとてもよく似合う乙女たちになりました。皆さんは、お父さんお母さんおじいちゃんおばあちゃんの大事な宝物です。その宝物を私たち保護者は、この佼成女子にお預けしました。そしてこんなに輝きを持つ乙女たちに成長させていただきました。この学年は、行事で必ず賞を取ってきましたね。みんな前向きで素晴らしい学年だといつも思っていました。
私たち大人が皆さんにのぞむことは、この先もずっと学び続けていって欲しいということです。そして、たくさんの人と出会い、人の話を聞ける人になって下さい。自分で考え、自分で行動できる人になっていって下さい。がんばれば報われる、学んでいけば報われる。決してそういうものだけではないかもしれません。けれど、学んだことはすべて自分のものです。長い人生の中で、必ず絶対どこかで役に立つことがあります。皆さんはなんにでもなれる可能性を持って輝いています。学ぶことを怠らず、夢を持って進んでいってください」
花束贈呈
卒業生から先生方へ、花束贈呈です。金子先生、山室先生、そして井上教頭からもご挨拶をいただきました。
卒対委員会メンバー
卒対委員会メンバーは、吉田さん、岡田さん、大久保さん、宗方さん、内藤さん、梶原さんの6名。「前学年の卒業を祝う会をお手伝いしてから1年間、娘たちの卒業を祝い、喜ばせてあげよう、楽しませてあげよう。先生に感謝の気持ちを伝えよう。お仕事をお持ちの中、そういう気持ちで準備を進めてくださいました」(後援会長北村さん)。
温かく、そして卒業生も保護者も先生方も、みんながみんなを誇らしく思える会でした。本当にありがとうございました。
記念写真
通用門では、桜の下での家族の記念写真が続いていました。
中学の3年間はクラス替えもあり、みんながみんなを知っている幼馴染のような関係です。金子先生も「この学年はとても仲が良くて、生涯の竹馬の共になるような関係ができてる」とおっしゃっていました。みんながみんな、いいところも悪いところも知っていて、そしてお互い切磋琢磨できる。そんなすてきな関係が、これからも続きますように。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)