吹奏楽部入学式翌日の4月10日(水)、佼成女子講堂にて、新入生歓迎会が行われました。
これは、先輩たちが委員会活動や部活動、同好会活動等を中1、高1の新入生たちに紹介し、充実した学園生活のイメージをつかんでもらうために、毎年行われている恒例行事。新入生たちは歓迎会の小冊子を広げ、真剣に、時には笑顔で、先輩たちのスピーチやステージを見つめていました。

新入生と先輩たちの初めての対面、それがこの新入生歓迎会です。映像やダンス等のパフォーマンスを駆使した部活紹介は、先輩たちが270名の新入生たちに贈る、「ようこそ佼成女子へ!」という歓迎の気持ちでもあります。
また、委員会活動や部活は、新入生たちが上級生や後輩たちとの縦の人間関係をつくる大事な場所であり、充実した学園生活を送るための大切なステップ。どの委員会に、どの武に入ろうかと、新入生たちの目も真剣です。

生徒会の司会で、吹奏楽部の演奏に合わせて新入生たちが入場。歓迎会が始まりました。
山内校長からは、「講堂が本当に狭くなりました。これも、先輩である高2、高3、中2、中3が立派な活動をしてくれたから、これだけの新入生が来てくれたのだと思います。今日は先輩たちが知恵を絞って、新入生たちを歓迎する会を開いてくれました。新入生たちは先輩に感謝しながら、楽しい学校生活を送れるように、期待に胸を膨らませてがんばってください」

まずは委員会の紹介から。三役(中央・風紀・美化)、保健、宗教、八支部、選挙管理、新聞&放送、図書、SF執行委員会、乙女祭執行委員会の計9団体が紹介され、各委員会の代表が、仕事内容をわかりやすく説明してくれました。
新入生は全員が必ずどこかの委員会に属しますので、どの委員会の仕事に興味があるか、やってみたいかを、受け身でなく積極的に理解して決めたいところです。

生徒会三役
生徒会三役の2人。
図書委員会
図書委員会のVTR。
部活動の紹介は、ハンドボール部、バレー部、美術部、軽音楽部、書道部、演劇部、硬式テニス同好会、茶道部、バスケットボール部、ソフトテニス部、陸上部、ダンス部、バトミントン部、バトン部、水泳部、剣道部、ソフトボール部、写真部、合唱部、吹奏楽部の順番で。各部、VTRや技の解説、舞台パフォーマンスなどで、楽しいPR合戦を披露してくれました。

ハンドボール部
最初のハンドボール部は、3月の全国高等学校ハンドボール選抜大会で全国制覇を遂げたばかり。会場には準決勝の様子が流れ、出場者自ら解説。会場は尊敬のまなざし。
書道部
部員たちの受賞経験も豊富で、昨年度はNHKのスクールライブショーにも出演。今度は雑誌にも登場するという書道部の見事なライブパフォーマンス。
茶道部
正式なお茶室を持つ茶道部は、浴衣の着付けを習得し、文化祭では浴衣姿でお茶会をします。昨年度の文化祭では、2日間で235名のお客様のおもてなしをしました。
バスケ部
バスケ部によるファッションショー。体育系の部活では、それぞれオリジナルの大会用ユニフォーム、練習着、部バッグなどが披露されました。
ダンス部
説明するより見てもらった方が早いとばかりに踊る踊る!ダンス部の圧巻のパフォーマンスは拍手喝采でした。
バトン部
笑顔も演技の一部。チャーミングなバトン部のダンス。部員の9割が最初は未経験者でしたから、初心者でも大丈夫!
剣道部
剣道部やバトミントン部は会場で試技を披露。かっこよさ、りりしさに会場からため息がもれました。
トリは吹奏楽部。昨日の入学式でも、吹奏楽部はオープニングにエンディングに大活躍でしたが、本日もディズニーシー出演のキャリアで、歓迎会を楽しく盛り上げてくれました。
プログラム後半は、スポーツフェスタ(SF)の紅白クラス決め。クラス担任の先生方が、箱に入った紅白の球をひいて決めていきます。赤組井上教頭、白組江川教頭をヘッドに、全クラスの紅白が決定。SFは5月11日(土)に行われます。新入生にとって、初めての行事。全校の前で、クラスの団結力を発揮する最初の機会です。

最後に新入生代表の中川さんより、「今日はありがとうございました。これからの楽しい学園生活のスタートを切ることができそうです。少しずつ、慣れていきたいと思います」とのお礼の挨拶がありました。

組決め
新入生の皆さん、委員会活動、部活動の希望は決まったでしょうか。
わからないことや悩みがあったら、先輩や先生方になんでも聞いて、中川さんの言葉のように、少しずつ学校に慣れていってくださいね。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)