カレーの日4月9日に入学式を終えた佼成女子の中1高1の新入生たちは、翌日10日に新入生歓迎会と、その後行われる1泊2日青梅合宿のためのオリエンテーション、という忙しい1日を過ごしました。
これは、学校のことを効率的に理解し、早めにクラスメイトの顔と名前を憶えることで、短期間で佼成女子になじんで、楽しく学校生活を送れるようにするためです。
そしてこの日のお昼は、カフェテリアガイダンスを兼ねた恒例の「カレーの日」でした。


ガイダンス新入生歓迎会を終えた中1、高1は、それぞれ翌日から始まる青梅での1泊2日オリエンテーション合宿のガイダンスを受けました。
中1の合宿のいちばんの目的は、2クラス53名が仲良くなりましょうということ。先生の言葉によれば「とっても楽しくてちょっと厳しい」集団行動を学ぶ合宿です。
スケジュールの確認や持ち物に関する注意など受けたところで、中1はクラスごと輪になって自己紹介。全員が、名前と好きなもの2つ言っていきます。「趣味は家族でキャンプに行くことです」と言った子には、みんなから「いいなあ!」との声があがっていました。


ガイダンス高1は全部で7クラス。担任、副担任の先生の自己紹介から始まり、合宿についてのガイダンスに入ります。入学してすぐに、まだよく知らない仲間との合宿は、楽しみでもあり、少し不安でもあるのでしょう。全員が聞き漏らすまいと真剣でした。


さて、オリエンテーションが終わると、今日のいちばんのお楽しみ、カフェテリアガイダンス。これからお世話になるカフェテリアのスタッフの方々が、新入生のためにおいしいカレーをたくさん作って下さる日です。スタッフの方々には、ランチだけでなく、これからの校内合宿でも食事のお世話になります。
佼成女子の中でも人気ナンバーワンの場所であるカフェテリアは、友達とのたくさんの思い出ができる場所。でも、気持ちよく使うためのルールがあります。
ここでも中1と高1にわかれて、カフェテリアの使い方のレクチャーを受けました。佼成女子のルールである「食前感謝の言葉」を教わり、みんなで「いただきます!」
中1たちのテーブルの様子は、積極的にお話するところと、少し人見知りしておとなしいところと様々。校長先生もお話に加わりました。

カフェテリアガイダンスカフェテリアガイダンス


中1が教室に戻ったあとは、高1の時間。217名全員が集まると、ほぼカフェテリアの定員いっぱいです。
中1は口頭だけで教わりましたが、少し大人の高1はレジメを読んで理解。最初は少し緊張していても、食べ始めたら気持ちもほぐれておしゃべりが始まりました。
最後に「ごちそうさまでした」と食後の感謝をし、きちんとルール通りにお片付けをするまでが食事です。

カフェテリアガイダンスカフェテリアガイダンス


翌日からは青梅合宿。特に中1は、家族から離れて新しいクラスメイトとの宿泊ですから、ちょっとドキドキすることでしょう。しかし「毎年、行きはおとなしくても、帰りはみんな仲良くなってたいへん楽しそうに帰ってくるんですよ」とは先生の談。
きっと今年も全員が、これから始まる学校生活にワクワクしながら帰ってきてくれることと思います。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)