塾関係者対象説明会5月29日(水)、本校講堂におきまして、塾関係者対象説明会を開催し、多くの先生方にお越しいただきました。
躍進し続ける「難関大学合格実績」や、「特別奨学生入試」「PISA特」などバラエティーに富んだ入試制度に加え、「中学中期留学」や「制服リニューアル」など新たな取り組みも発表。さらに慶應大学に通う卒業生のスピーチなど、盛りだくさんの内容で進行しました。また、説明会後には授業見学も行い、本校の授業風景をご紹介しました。

数々のチャレンジにより、受験界の注目を集め続ける佼成女子。そんな本校の最新情報を教育関係の皆さまにご紹介する「塾関係者対象説明会」には、今年も多くの先生方にお越しいただきました。

まずは山内校長から、国家公務員試験へのTOEFLの導入や、小学校の英語教育など、ますますグローバル化が進む日本社会の変化に対する、本校の取り組みをご説明しました。

本校は生徒育成像プログラムのひとつに“英語の佼成”を掲げており、「英検まつり」などの実施を通して毎年、英検1級合格者を輩出しています。また、ロンドン大学SOAS校と提携をし、進学を希望する学生が本校内で受験をすることが可能となり、留学のチャンスが近づくことも発表しました。
社会の変化に素早く対応することで、「大学の先にある実社会においても、一生、その力を振るっていけるような女性を育くんでいきたい」との想いを熱く語りました。

山内校長
▲山内校長
卒業生
▲2008年度 留学コース卒業生と山内校長、井上教頭
つづいて2008年度 留学コース卒業生で、現在は慶應義塾大学 総合政策学部に在学中の高橋さんによる、『佼成女子で学んだ“一生ものの力”を』と題したスピーチを披露いたしました。
中学時代は一人で頑張っていたという高橋さんですが、本校に入学してから、「留学中の手厚いサポート」や「先生たちも一緒に楽しんでくれるイベント」、「支えあいながらみんなで頑張る受験勉強」などを通して、社会の中に生きる自分に自信を持つことができた、と話してくれました。
英検まつりや留学、進学講習で英語の勉強をした結果、偏差値53から79へ急上昇した高橋さん。現在は第一志望だった大学に在学中です。さらに大学でも、ウクライナ、フィリピンでのインターン活動を経験し、就職活動も順調に進んでいるそうです。
スピーチの締めくくりに、「もう一度高校を選べるとしても、私は絶対に佼成女子を選びます。自分の居場所や心の拠り所をみつけることができました」と、嬉しいメッセージを残してくれました。
最後に江川教頭より、本校の新たな取り組みや入試概要等についてご説明しました。

本校では、「英語の佼成」「行事が人をつくる」「難関大学進学実績」という「3つの強み」により、“普通の女の子を、大きく育てる”女子教育メソッドを実践しております。その流れをさらに加速させるべく、「グローバル教育の挑戦」として、このたび新しい施策である「中学中期留学」を始動させます。これにより、「短期」「中期」「長期」の留学が揃いました(下図参照)。受験生・保護者の皆さまの英語教育ニーズにお応えする学校として、佼成女子の次のステージにもご期待ください。

江川教頭
▲佼成女子受験の「顔」でもある江川教頭。男子校の教頭を6年間勤めた後、本校教頭に就任し、今年で7年目。
「ラッキーセブンの年にしてまいります。どうぞ、先生方のご支援ご協力の程、よろしくお願いいたします」
選べる留学
▲グローバル教育の挑戦として、これまでの“1年間ニュージーランドで学べる”「高校特進留学コース」に加え、“中学3年生の3学期まるまるニュージーランドで学べる”「中学中期留学」をスタート。これにより、短期・中期・長期と、ご家庭の教育スタイルにより「選べる留学」が、本校の大きな魅力となります。

「中学中期留学」スタート
▲新設の「中学中期留学」は、中3の2学期までにすべての義務教育カリキュラムを終え、3学期に実施されるニュージーランド修学旅行(全員参加)の後に、現地滞在する形で進められます。もちろん留学をしない生徒に対しても、豊富な「国内プログラム」を用意しています。

入試の特徴

入試の特徴

▲他にも江川教頭から、中学・高校の入試概要が説明されました。なかでも、中学で好評の「PISA型(公立中高一貫校 適性検査型)入試」では、いわゆる「地頭(じあたま)」の良い生徒が多数入学していることが大きな特長です。
他にも「制服リニューアル」なども発表され(実物は8月以降に公開)、新しく動き出す佼成女子を印象付けました。

授業見学
説明会の後は、「授業見学」にご参加いただきました。特に、「英語の佼成」ならではの授業には、皆さま大きな関心を寄せておられました。

お忙しい中、多くの先生方にお越しいただいたことを感謝申し上げます。先生方と直接お会いでき、大変ありがたく存じます。
今年度もご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
また、入試や授業のことなど、ご不明な点がございましたら遠慮なく「広報室」までご連絡下さい。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)