五輪先日から大きな話題になっている通り、2020年に東京でオリンピック・パラリンピックが開催されます。
復興にも弾みが付き、この国際イベントをきっかけに震災で傷ついた日本が大きく再生することでしょう。また、感受性豊かな年代の生徒たちにとって、得るものも大きいはずです。

本校はこの機会を教育に活かすべく、その関連性について連載形式にて、述べていくことにします。
第1回の今回は「佼成学園の建学の精神」と題してお届けいたします。


olympics2013年9月7日(日本時間8日)、2020年オリンピック・パラリンピックの開催地が東京に決まりました。テレビ等でご覧になり、大いに盛り上がった方も多いと思われます。

ここで注目すべきは、「なぜ東京が選ばれたのか?」ということです。
報道によりますと、「大会運営能力の高さや財政力、治安の良さなどが評価され、3都市による戦いを制した」(日本経済新聞)と言われています。ライバル都市にくらべて技術面や財政面、治安面で強い東京が残ったのは、『消去法』だったのかもしれません。

しかしIOC(国際オリンピック委員会)のジャック・ロゲ会長は、「オリンピックの価値を高め、同時に次の世代にスポーツの意義を伝えるためのイベントとして、よく計画され安全なオリンピックを開催する。そういう“明日を見つける”招待だった」と、東京を選んだ理由を語りました。日本が安全、すなわち「平和に根ざした国」だからこそ選ばれたというわけです。

聖火私たち佼成学園は「建学の精神」の中で、「平和社会に貢献できる人材の育成」を掲げています。
そして半世紀以上にわたり、その言葉を胸に抱いた卒業生たちは、世界に誇る平和な日本をつくりあげてきました。今回のオリンピック決定には、このような卒業生たちの小さな積み重ねも影響していたのではないでしょうか。

オリンピックを機に世界から注目されるであろう日本は、代々築き上げてきた「平和社会」をアピールすることで、諸外国に影響を及ぼすことでしょう。そのためにも世界の人々が“明日を見つける”大会にしなくてはなりません。

そして佼成学園はこれまで以上に「平和社会に貢献できる人材の育成」に尽力することで、“明日を見つける”大会をサポートしたいと考えています。

次回は「英語の佼成とグローバル化」と題した記事を掲載いたします。お楽しみに。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)