今井先生と江川教頭中学受験を考えている皆さまにとって、志望校選びは難しいもの。そんな中、本校の江川教頭が、世田谷区の「中学受験専門塾YouReaL」塾長の今井先生と対談し、中学受験の現状について意見交換しました。
皆さまの参考にしていただければ幸いです。

今井先生:本日は中学受験の現状と、佼成女子さんを受験するメリットについて、お話を伺いたいと思っています。実は私が塾を経営している中で、「徹夜で勉強が必要」とか「受験に費用がかかる」など、親御さんの中に受験に関する誤った認識が多い点が気になっていたんです。本当は「そこまで無理しなくてもいいんですよ」ということをお伝えしたいのです。
今井先生
▲慶應義塾大学1年生在学中に、株式会社YouReaLを起業した今井先生。自らも私立中学を受験・合格した経験から、受験生に「リアルな」アドバイスをしておられます。
江川教頭:佼成女子の「普通の子を伸ばす」という評価が、まさにその部分と一致します。無理をせずに入学した「普通の子」が、6年もしくは3年後に難関大学などへ大きく羽ばたく、という実績があるんです。特に今年は、難関女子大(津田塾、東京女子、日本女子)にも例年になく合格しています。
江川教頭
▲佼成女子の「受験の顔」でもある江川教頭。最新の中学受験事情にも詳しい。
●佼成女子のユニークな入試形態について

今井先生:佼成女子さんの偏差値や倍率を見ると、受験のリスクは低いようですね。

江川教頭:「1回分の受験料で、何回でも受験できる」というセーフティ制度が効果を発揮しているかもしれません。小学6年生だと、人生で初めての受験という子も多いもの。初回の受験で実力を発揮できなくても、リベンジができる制度なんです。さらに、一度合格しても、授業料などが免除になる「特待」を狙って、複数回受験してもいいんです。

今井先生:入試が最高の模試になっているわけですね。

江川教頭:そういうことです。本校としては「どうせなら特待まで頑張ってほしい」と考えています。しかも、そうやって複数回受験して入学する生徒は、入ってからも頑張れるケースが多いんです。

今井先生:実際は「正答率5割で合格」と伺いましたが。

江川教頭:おおむねその通りです。それに加えて、7割、8割取れれば、入学金や授業料を免除する特待生として合格できるんです。さらに、2月2日には「6年間の授業料・講習費が全額免除」という「特奨(特別奨学生)入試」も実施します。少しだけ難しい内容となっていますが、追加費用なしで受験できますので、ぜひチャレンジしていただきたいですね。また、公立中高一貫校適性検査方式の「PISA型」だけなら6000円で受験できますし、こちらにも特待生合格制度「PISA特(ピサトク)」を用意しています。

●志望校選び

江川教頭:今井先生にお伺いしたいのですが、先生の塾に通ってらっしゃるお子さんに、志望校選びのアドバイスはどのようにしておられますか。

今井先生:私の塾では「地元の私立中学」に対策を絞っています。基本的には本人の意志を尊重しますが、特に世田谷区周辺で、私が自信を持って薦められる学校を選んで紹介することはありますね。どうしても行きたい学校を受けさせてあげる一方で、「安全策」も考えています。本人がどういう中学生活を送りたいのかを綿密にヒアリングして、「ここも良い学校ですよ」と紹介しています。

江川教頭:その場合、第一志望に加えて、何校くらい受験してもらいますか。

今井先生:多ければ多いほどいい、と話をしています。多い場合は第5志望まで受けてもらってますね。

江川教頭:そういう受験生たちは、どういう基準で第1~第5志望校を決めておられるんでしょう。「この学校はいい」という情報は、皆さんどのように集めてるんでしょうね。

今井先生:まずは「親戚や知人が通っていた学校だから」といったクチコミですね。保護者の中には、いじめや学力問題といった「公立校不信」があるようで、「中学受験はしなくてもいい」と思っていた層にまで広がっています。だから、進学先の情報収集には熱がこもっていますよ。そうするとやっぱり、ある程度「安全に」合格できて、入学後にどのくらい伸ばせるか、という学校が求められていますね。その点、江川先生が先ほどおっしゃった、「普通の子を伸ばす」という方針が、保護者にとってありがたいわけです。

中学入試要項
平成26(2014)年度中学入試の日程。例年、2月1日の午後がねらい目です。

●地元の私立に行こう

今井先生:先ほどご紹介いただいた「特奨」なら、学費が6年間免除なので、公立の学校と変わらない費用負担で通えるわけですね。高校受験に備えて塾に行く費用も考えたら、もしかしたら中高一貫校の方がいいのかも知れません。

江川教頭:「地元の公立に通うように、世田谷区の私立に通う」という考えは良いですね。保護者の安心感が違うと思います。と申しますのも、世田谷区の私立校は連携がしっかりしているんです。3.11地震の際には、帰宅困難になった他校の生徒を、別の学校が安全に保護するといった事例もありました。安心安全な「地元・世田谷」の私立を、ぜひお勧めしていただきたいですね。

今井先生:そうですね。私の塾では引き続き、私が実際に見て確認した良い学校を、受験生にお勧めしていきたいと思います。本日はありがとうございました。

江川教頭:こちらこそありがとうございました。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)

今井 美槻
今井 美槻(いまい・みつき)
世田谷区の「中学受験専門塾YouReaL」塾長であると同時に、慶應義塾大学2年生。
自らも私立中高一貫校で過ごした経験から、「地元の良質な私立中学」を見る目は確かである。