成人を祝う会1月13日(月)の成人の日、2年前に制服姿で佼成女子を巣立っていったOGたちが、見違えるような大人になって次々に来校し、にぎやかに「成人を祝う会」が開催されました。この日は晴天にも恵まれ、ほとんどの新成人は振り袖姿。卒業生にも教職員にもとてもなつかしく、嬉しい日となりました。


茶道受付の始まる14時半くらいから、華やかな振り袖姿のレディが次々に学校にやってきました。先生方も満面の笑顔でお出迎え。

早めに到着したOGは、お茶室でおもてなしを受けます。毎年、顧問の山田先生と茶道部の生徒が、新成人のおもてなしにスタンバイして下さいます。佼成女子では、中学のときに茶道授業を受けますが、実は今回の成人たちは佼成女子で初めて茶道授業を受けた生徒たち。10代前半に習ったことは身体が覚えているようで、お作法も堂に入ったものでした。おもてなしは閉会後にも。

2年前に佼成女子を卒業した生徒は125名。今回は、そのうち半分近くのOGがこの「成人を祝う会」に出席してくれました。中には朝の6時から着付けを受けたという人も。そうしているうちに続々と集まり、あちこちから「久しぶりー!」という明るい声が聞こえます。

1年後輩の二人による司会でなごやかにスタート。
まずは山内校長から、「皆さんが生まれたとき、日本は大変厳しい経済環境にありました。皆さんの笑顔はご両親にとって希望だったと思います。今度は、あなた方がご両親、家族を笑顔にする番です」。

新成人代表新成人代表は、大橋さん、菅野さん、後藤さん。
「6年間過ごした佼成女子でこの日を迎えられるのを嬉しく思います」
「20歳という節目を迎えて、これからは1大人として社会を見ていけたらなと」
「大学に進学して、佼成女子での日々はとても充実していたなと改めて思いました。これからは成人として、新しいことに失敗を恐れず挑戦していきたいと思います」

酒井理事長からは、新成人が入学した時の学校のお話が。「この学校を創設された庭野日敬先生の、全国の子供たちに佼成学園で学んでもらいたいという願いが実現したのが、君たちの学年ですので、私にとっても感慨深く覚えています。そのときは、2名の生徒が地方から寮に入って学んでくれましたが、今年3月には15人の地方からの生徒が卒業します。皆さんはこれからすてきな結婚をされると思いますが、皆さんのお子さんもぜひ佼成学園に入れてください(笑)」

後輩からの手書きメッセージ佼成女子の同窓会(れいほう会)には、1万8000人の会員がいます。そのれいほう会会長の練尾さんからは、「一緒にかわいい後輩たちと学校の発展を共に見守っていきましょう」。
全員に記念品もいただきました。
記念品の中には、後輩からの手書きメッセージが。


近況報告スピーチようやくやってきた乾杯の時間。学校内なので、ノンアルコールシャンパンで「かんぱーい!」
ここでクラス別に、全員がマイクを回しながら近況報告スピーチ。卒業後は時々集まっているクラスとそうでないクラスがあるようでしたが、こうやって会うと思い出話に花が咲いて、「また近々集まりたいね!」という話に。

当時の担任の先生方も来てくださって、一言ずついただきました。
学年主任の山口先生は新成人に3つの言葉、「諸行無常」「諸法無我」「I am that I am」をプレゼント。その深い意味は、皆さんの胸にしみたことと思います。他の先生方からも、「ただただ、健康でいてほしい。何かあったら学校に来てほしい」「成人した皆さんに会えてとても嬉しい」「また10年後の節目にみんなで集まれるような、みんなが誇れるような母校になるよう私達もがんばります」「あなたがたとの乙女祭で踊らされて、人生何が起こるかわからないと思いました(笑)」等、ユーモアを交えた暖かいお言葉をいただきました。

本の帯図書館司書の太田先生は、中学の時に読書作文の授業で作った本の帯を、みんなが持ちかえられるように並べてくださいました。「え、これ私の字?」「こんな本読んでたんだ!」と、しばし、タイムスリップした気分に。

会場に来られてたお母様方にも一言いただきました。中には佼成女子を卒業された先輩もいらして、「私たちの代にはこんな正式なお祝いの会はございませんでした(笑)。佼成は暖かいですね」
保護者代表の村田さんからは、「今日はみんな本当に学校が好きなんだなあと思いながら、みんなの顔を見ていました。先生方にはこれからも娘たちを見守っていただければと思います」。

後援会会長から中締めのお言葉をいただいた後は、全員で学園歌と校歌を斉唱。
最後に江川教頭から新成人へのエールが送られ、「みんなで幸せになろう!」という1本締めをもって「成人を祝う会」は閉会となり、記念撮影タイムとなりました。

後輩たち司会及び裏方は、1学年下の後輩たちが務めてくれるのが慣例となっています。
司会者は校歌の指揮まで勤めてくれて、ありがとうございました。
来年の「成人を祝う会」では主役ですね。

山内校長のお話にもありましたが、今年は創立60周年を迎える佼成女子。そして、今日の成人が60歳を迎えたとき、学校は創立100年を迎えます。その時には、ぜひお祝いに来てください。
皆さんのご家族は、今日のこの日をとても楽しみにされていたと思います。母校の私達も、なつかしい皆さんの晴れ姿を拝見できて、とても嬉しく楽しい1日でした。
成人、本当におめでとうございます。皆さんのこれからのご発展をお祈りします。

私立学校研究家の本間勇人先生(本間 勇人のプロフィール|トリニティ教育研究所)が取材して下さいました。「21世紀教育を創る会」のHP(佼成学園女子 新しいキャリア教育(1) (2))に掲載されています。是非ご覧下さい。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)