送る会1月15日(水)の6時限を使って、高校1年生による留学コースの10期生を送る会が開催されました。
毎年、留学直前のこの時期には、高1によって留学コースの壮行会が行われますが、今年の企画はドッジボール大会とダンス。3日後の18日にニュージーランドに向けて旅立つ仲間への、はなむけの企画です。


今年のKGGS特進留学コース10期生(F・G組)は、46名と過去最多人数となりました。高校に入ってから一生懸命留学の準備をして、ついに旅立つ日が間近に迫った仲間たちとしばし楽しみ、そして送り出そうと、高1のA~E組全員による壮行会が行われました。

ドッジボール大会まずは全クラス対抗のドッジボール大会。各試合制限時間3分、ボールは2個という変則ルールで、制服と体操着入り乱れての試合はなかなかの迫力でした。最後はD組とE組の戦いとなり、E組の優勝!


トビタテ!フォーチュンクッキー第2部は、留学生に贈る歌とダンス「トビタテ!フォーチュンクッキー」。これは、文部科学省の開始した留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」の留学応援ソングとして、昨年の12月15日に行われた第1回Go Global Japan Expoで発表された、「恋するフォーチュンクッキー」の留学バージョンの歌詞の公式替え歌です。(http://english.cheerup.jp/article/320
留学生たちも、大笑いで手拍子。


そして留学生たちに贈るエール、「がんばれがんばれ10期生! みんながんばって行って来いよ~」。みんな自分なりの言葉で、留学生たちを応援しました。
次にみんなが会うのは11か月後。再会した時のお互いの変化を楽しみにしつつ、留学コース10期生最後の壮行会が終りました。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)