保護者・生徒の皆さんへ

佼成学園女子中学高等学校
校 長  山内 日出夫

かぜ・インフルエンザの予防について

新学期を迎え、身近なところでインフルエンザの拡大が懸念されております。
本校でも、今週よりインフルエンザ症状による欠席者が増え、登校していても体調不良の生徒、早退する生徒が多くなってきています。
お子様の健康管理につきましては日頃からご配慮されているとは存じますが、特に下記の事項にご留意の上、かぜ・インフルエンザの予防に万全を期するよう、ご配慮くださいますようお願い申し上げます。

  1. お子様の健康状態に注意し、過労や不摂生をさけ、バランスのとれた食事をとり、身体の抵抗力を低下させないように注意してください。
  2. 流行時には、人ごみや混雑する場所への出入りを控えるようにしてください。
  3. 「うがい」「手洗い」「咳エチケット」を励行させてください。
    「咳エチケット」とは、

    • 咳・くしゃみがある時はマスクをする
    • 咳・くしゃみをする時は口と鼻をティッシュで覆う
    • 咳・くしゃみをするときは周りの人から顔をそらす
  4. 学級閉鎖の措置をとることが考えられますので、家族が不在の場合でも家に入れるよう鍵を持たせるなど、家族で話し合っておいてください。
  5. 何らかの基礎疾患を持っているお子様の健康状態には特に注意してください。主治医より予防についての指示を受けておくことをお勧めします。学校生活において心配なことがありましたら、担任又は養護教諭にご相談ください。
  6. 急な発熱と共に急性呼吸器症状(鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳)がある場合
    • 無理な登校は絶対にさせないでください。
    • 速やかに学校に連絡し、症状を担任まで伝えて下さい。
    • 速やかに医師の診察を受けて安静を保つようにして下さい。
    • 回復後も十分休養をとり、医師の許可が出てから(最低でも発症した後5日を経過し、かつ解熱後2日たってから)登校させてください。発熱した翌日から1週間の間は感染の可能性がありますので、マスクを着用してください。
    • インフルエンザと診断された場合は、出席停止扱いになります。登校時に「登校許可証」を学校へ提出して下さい。学校ウェブサイトからもダウンロードできます。

以上