12月1日(土)、佼成学園女子中学校の入学試験がスタートしました。1日は都内の私立中学校の入学試験が一斉に行われる日で、本校での入試はこれから6日まで続きます。塾の先生方も早朝から校門前に立たれ、教え子の受験生たちがやってくると「いつもの通りやれば大丈夫だよ」などと言葉をかけられ、受験生も先生に笑顔を見せていました。この日は注目の「PISA型入試」も、午前と午後の2回実施されました。


4試験初日の今日、試験開始の1時間前になると、保護者に連れられ少し緊張の面持ちで受験生が次々にやって来ました。人生初めての入試というお子様がほとんど。落ち着いて実力を出していただきたいものです。
図書室には、事前説明会にお越しになった一般型の受験生の保護者の皆さんに待機していただきました。明るい図書室は在校生にとても人気のスポット。本を読みたくなる仕掛けがあちこちにあります。保護者の方の中には本校OGもいらして、懐かしく見ていらっしゃいました。
江川教頭からは「試験が終わった後のお子さんには、できた?ではなく、どうだった?とか、大丈夫だった? と聞いてあげて下さい」等、受験シーズン中の心得を。井上教頭からも「お子様の受験はお父様お母様にとっても初めての経験という方が多いと思います。どうかゆったりした気持ちでお子様たちに接してあげて下さい」。
そして、これもご縁ですのでということで、各テーブルごとに軽く自己紹介などしていただき、コーヒーを飲みながらリラックスした雰囲気で談笑しつつ、試験の終了をお待ちいただきました。


5ホールの方には「PISA型入試」受験生の保護者の方々に集まっていただき、事前の学校説明会にお越しになれなかった方のために、改めて本校の特徴、また高3の最新合格実績などをご説明いたしました。公立中高一貫校の受験の前哨戦として、本校のPISA型を受ける受験生もおられるようです。受験生の皆さんが、それぞれの個性に合った学校に入学できますよう、本校も願っております。

本校の中学入試は2月6日(木)まで実施されます。
・受験生の皆さんは、時間に余裕を持って受験会場に到着して下さい。時間の余裕は気持ちの余裕につながります。
・本校近くの京王線の踏切は、通勤時間帯にはほぼ遮断機が降りた状態となりますので、千歳烏山駅利用の場合は、仙川駅寄りの西口改札を出て右側(南口)の出口から、踏切を渡らないルートでお越しください。目印に当日は本校の看板も出ています。
・付添いの保護者の方には控室もございますので、校門でお尋ねください。
・本校の電話番号をメモしておき、試験当日のアクシデントなどありましたら、すぐにお電話でご連絡、ご相談ください。

インフルエンザが流行中です。体調管理にお気をつけいただき、あきらめずに最後までがんばってください!
その他、受験について、または入学後の学校生活についての疑問など、何でもご相談ください。
佼成女子はがんばる受験生を心から応援しています。

03-3300-2351(代表)
03-3300-2369(広報室直通)

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)