ヤングアメリカンズ7月に行われる高1のヤングアメリカンズ(YA)、その期間中のYAメンバーのホームステイ先は基本的に高1生徒等の家庭となります。その保護者向けの説明会が、5月24日(土)に本校グローバルセンターにて行われました。毎年、生徒たちに特別な思い出を残してくれるYA。このイベントにご家族ぐるみで参加していただき、さらに最高の思い出としていただけたらと存じます。

毎年7月は、恒例のヤングアメリカンズのアウトリーチプログラム。佼成女子は最も早くこのプログラムを導入した私学であり、7回目の開催となる今年も、高1生徒全員が参加します。
YAは50年以上の伝統を持つ、アメリカの音楽公演と教育活動を行う非営利団体。今年の来日メンバーは、ディレクターを含めて47名。18~24歳くらいと、生徒より少し年上の大学生くらいの年齢の男女で、日本人メンバーも3名います。
アウトリーチプログラムは、YAが行っている教育プログラムで、参加者と3日間かけて研修を行い、最後には1時間の歌とダンスのステージを作り上げます。3日間のコミュニケーションはすべて英語で、高1の生徒たちはその間英語のシャワーを浴び続けるだけでなく、ステージを一緒に作り上げるために、みんなで心を開いて息を合わせていくという、コミュニケーションの本質を学ぶことになります。
このプログラムの期間中、佼成女子の生徒のご家庭に、YAメンバーのホームステイをお願いしています。今年の日程は、7月16日(水)~19日(土)。ホストファミリーになっていただいたご家庭には、ボランティアということで約3日間のご負担をおかけしますが、プログラム最終日に行われるステージには特等席をご用意させていただきます。家で息子や娘のように接していた若者が、ステージで光り輝いている姿を間近に見ると、感動が何倍にもなることをお約束します。

この日はヤングアメリカンズ事務局であるNPO法人じぶん未来クラブの清水さんから、ホームステイの細かい日程、メンバーをステイさせるときにお願いしたいこと(食事、洗濯等)についての説明をいただきました。ホストファミリーへのお願いは、主に次の4つです。

  1. YAの宿泊・食事全般(ワークショップ中のお弁当・軽食含む)の提供
  2. 集合・解散場所からご自宅及び会場までの送迎(送迎費用含む)
  3. 石けん・シャンプーなどの日用品の提供
  4. 洗濯などのお願い、もしくは洗濯機やアイロンの利用提供

説明の後には、質疑応答も行われました。
おもてなしの気持ちの強い日本人は、個室を提供しなくてはとか、食事も何を用意したらいいのだろうと考えてしまいがちですが、YAメンバーは日本だけでなく世界をホームステイで回っているので、個室がなければリビングに雑魚寝でも良く、食事もお子さんがいつも食べているものを少し多く作るイメージで良いそうです。
ホストファミリー向けには、ホストファミリーガイド、ホストファミリー知恵袋、ホストファミリー向け英会話集が用意されています。特にホストファミリー知恵袋は、ホストファミリー経験者からのアンケートが反映されて年々内容が充実してきており、献立例はとても参考になります。

ホストファミリーを体験されたご家庭に、毎年感想をうかがっていますが、「たった3日間で生徒やその兄弟である子供たちにいろんな刺激を与えてくれた」
「メンバーと話している子供に親の知らない一面を見ることができた」
「一家で英語に対するモチベーションが上がった」と、必ず様々な感謝の声が聞かれます。
そして留学コースの保護者の方からは、「来年娘がお世話になるホストファミリーの気持ちが少しわかりました」との声も。
引き受ける前はとても高いハードルに思えても、経験した後は「得難い経験でした」
「次回もホストファミリーをやってみたい」
「今回は1名だったから次は2名の方が楽しいかも」などと、皆さん前向きです。
少し迷いを感じていらっしゃる保護者の方々には、ぜひ思い切って、ホストファミリーにチャレンジしていただきたいと思います。

井上教頭
井上教頭も、ホストファミリー2回の経験者。この日は主婦の立場からの経験を話していただきました。「なんでも聞いて下さいね!」
参考URL:
別世界を体験した3日間! 高1ヤングアメリカンズ発表会
YAホストファミリー体験談

◆ホストファミリーを募集しています◆
期間は7月16日(水)の夜から7月19日(土)朝までの3泊4日、実質3日間です。
メンバーへの宿泊・食事・日用品などの提供、その他日常生活に必要な洗濯等のお願い、交通費や昼食代金も負担していただきます。
ホストファミリーの皆様には、18日(金)15時半からのショーにご招待!特等席をご用意させていただきます。

ダウンロードしてご利用ください。
ホストファミリー申込書(PDF)

詳しくはYA担当教員の本校の吉村までお問い合わせください。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)