留学生建学の精神に基づき、国際社会の平和に貢献する人材育成に取り組んできた佼成女子。近年は「英語の佼成」として、「イマージョン教育」や「英検まつり」「ニュージーランド留学」などを実施してまいりました。
その成果と今後のビジョンが、このたび文部科学省に認められ、「SGH(スーパーグローバルハイスクール)」の指定校となりました。


英語授業本校は、文部科学省が平成26年度から平成30年までの5年間実施する、「SGH(スーパーグローバルハイスクール))」の指定校となりました。
SGHとは「急速にグローバル化が加速する現状を踏まえ、社会課題に対する関心と深い教養に加え、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身につけ、将来、国際的に活躍できるグローバルリーダーを高等学校段階から育成する」ことを目的とし、「国際化を進める国内の大学を中心に、企業・国際機関等と連携を図り、グローバルな社会課題を発見・解決できる人材や、グローバルなビジネスで活躍できる人材の育成に取り組む高等学校等を『SGH(スーパーグローバルハイスクール)』に指定し、質の高いカリキュラムの開発・実践やその体制整備を進める」という、文部科学省が実施する新たな教育方針です。
※文部科学省HP(平成26年度スーパーグローバルハイスクールの指定について)より

このSGHのカリキュラムでは、世界を視野に入れた課題解決型の授業を展開します。学校ごとに決めたテーマに沿って、生徒たちが積極的にあるテーマに取り組み、新しい解決策や答えを世界に向けて提案していくかたちを目指します。

本校では、かねてより「国際社会の平和に貢献できる人材を育成する」という建学の理念に基づき、国際平和へ向けた人材育成に取り組んでまいりました。特に「英語の佼成」として、「ネイティブ教員によるイマージョン教育」や「英検まつり」、「中期留学プログラム」、「特進留学コースにおけるニュージーランド留学」などを実施しています。

今回、SGHの指定校になったことで、さらなるグローバルな人材輩出を図るために、本校は「フィールドワークを通じた多民族社会における平和的発展の研究」を研究課題(構想名)とします。
そのために、新設科目「国際理解科」の中で「異文化研究」・「国際知識」を「フィールドワーク」という手法で、SGH事業を展開します。
「英語の佼成」で培った英語力を活用して異文化の中に飛び込んで学ぶフィールドワークを通じて、「多民族社会がどのように平和的な発展を遂げるのか、日本と日本人はどう関わるべきか」といった、グローバル社会の重要な問題に取り組みます。
※下図参照

佼成女子SGHプログラム

タイでのフィールドワークやイギリスロンドン大学での海外研修など、自我が確立する高校生の時期に取り組むからこそ骨太の力が育つ、ユニークなプログラムにご期待ください。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)