2014年9月24日(水)~30日(火)にかけ、山内校長、宍戸SGH推進事務局長兼国際交流部部長、出射(いでい)SGH推進事務局員が研修地であるイギリス・ロンドンを訪問しました。
2017年から5年間にわたるロンドン大学SOAS校とSGH事業の業務提携と、来年度より新設されるスーパーグローバルクラス(以降SGクラス)のロンドンプログラム研修地の視察が目的です。

初日、イギリスへ向け出発。2日目の午前中はロンドン大学SOAS校とSt Giles Central Collegeを訪問しました。SGクラスの生徒達は、ロンドン大学で講義を受ける前に、アカデミックライティングの基本や予備知識などをSt Giles Central Collegeにて学び、午後にロンドン大学SOAS校にて論文指導やプレゼンテーション・ディスカッションスキルの指導を受けます。両校は徒歩圏内に位置しているため、移動距離も少なく行き来しやすい立地となっています。ロンドン大学SOAS校の学部長Graham Davies先生はSGH事業に大きな関心を示し、調印式は滞りなく終了しました。今後さらに協議を重ねてプログラム内容や費用を確定していくことになりました。校内見学で印象に残ったのは図書館で、広大な図書館にはアジア・中近東・アフリカ関連の書籍を中心に120万冊以上の蔵書数があると説明を受けました。生徒がリサーチを進めるのに十分な環境でした。
St Giles Central Collegeはブリティッシュカウンシルの認可を受けた語学学校で、English UK加盟校です。教室数は45室、5階は宿泊施設になっていて、全キャンパスに無線LANが完備されています。課外授業プログラムも充実しているので、希望すれば本校だけのオリジナルプログラムも作ることができるそうです。
午後は本校の創立者庭野日敬先生が1979年第7回テンプルトン賞受賞した際に記念講演を行ったギルドホールも視察しました。

ロンドン大学SOAS校
調印式の様子
SOAS校図書館
SOAS校図書館
St Giles Central College
St Giles Central College 授業の様子
ギルドホール
ギルドホール内
3日目は佼成学園中学高等学校(男子校)の英国研修内の訪問地でもあるコヴェントリー大学を訪問しました。コヴェントリーは、多くの移民が住む多文化・多人種のコンパクトな都市です。コヴェントリー大学では平和と和解学のコースが注目を浴びており、紛争分析の手法や平和学の概念などを学ぶことができます。多くの卒業生は、NGOやNPO、人権団体や開発団体で働いているそうです。今回、平和と和解学のリサーチアシスタント兼講師の高美穂先生と面談し、事前学習のあり方などフィールドワーク実施に向けてのアドバイスをいただきました。
午後はバーミンガムへ移動しNishikam Schoolを視察しました。“Nishikam”とは「無我」という意味で、異なる宗教を受け入れる学校です。校内ではシーク教やイスラム教、キリスト教の生徒が一緒に授業を受けていました。互いの宗教や文化を受け入れ、生徒たちの人間性・生きとし生けるものへの仕える心・情け深い人間になることを奨励しており、非常に感銘を受けました。

コヴェントリー大学
コヴェントリー大学外観
高美穂先生
高美穂先生と一緒に
Nishikam School
Nishikam School
Nishikam School
Nishikam School授業風景
4日目はSGクラスでの日帰り研修候補地であるロンドン郊外のカンタベリーを訪れました。カンタベリー大聖堂内は約1時間、音声ガイドを使用した場合は約2時間かけて見学することができます。周辺地は城壁で囲まれており、『カンタベリー物語』を再現したミュージアムなど、生徒が自主研修するのに適していると思いました。

5日目は高校2年生の修学旅行研修地であるナショナルギャラリーやピカデリーサーカス周辺を視察しました。ナショナルギャラリーには宗教画や風景画・近代画が多くあり、高校2年生の修学旅行のみならず、SGクラスの見学候補地に挙げることにします。

カンタベリー大聖堂
カンタベリー大聖堂内
ナショナルギャラリー
ナショナルギャラリー内
ロンドン市内を視察後、帰国の途へ。今回の視察をふまえ、2017年度から始まるロンドンプログラムの成功を目指し、ロンドン大学や語学学校とさらに協議を進めていきたいと思います。

(文責:SGH推進事務局長兼国際交流部部長 宍戸崇哲)