鎌倉中間試験を終えてすぐ、10月29日に鎌倉・江ノ島周辺において校外体験学習を行いました。
朝は少し肌寒く感じましたが、晴天にも恵まれ、集合は北鎌倉駅。そのまま全員で円覚寺へ移動。夏目漱石の「門」にも描かれた山門をバックに集合写真を撮ってから班別研修スタート。
来年のNZ修学旅行で行う、班別研修の予行という意味合いも兼ねた体験学習です。班ごとにあらかじめたてておいた予定にそって行動開始です。
まずは12時~12時40分のチェックポイントまで、午前中の研修です。どこまでも徒歩で移動する班もあれば、フリーパスなどを使って巡る班など、それぞれの班が足早に円覚寺を後にしていきました。午前中はやはり鎌倉を中心に、鶴岡八幡宮・銭洗い弁天・小町通りなどを見学場所に選ぶ班が多かったようです。時間がたつにつれて気温も上がり、上着がいらないくらいの絶好の研修日和となっていきました。気温と共に人もどんどん増えてきて、小町通りあたりは同じように研修を行っている小・中学生や一般の観光客などで大いに賑わっていました。
チェックポイントは高徳院の大草鞋前。大仏で有名な寺院です。十二時になると続々と生徒たちがやってきました。これまで予定通りの班、大幅に変更を余儀なくされた班など様々でしたが、これも研修の内、様々な経験や反省をNZでいかしてほしいと思います。

江ノ島今年の研修から、昼食場所も各班で自由に設定することになりました。時間がなくて簡単に済ませてしまう班や、予定通り設定した場所で食事をとる班、中には鎌倉に行ってもファーストフードの班も。食事場所。時間を予定の間に入れるのは結構難しいようでしたが、これも次回にいかせれば良いと思います。
午後は江ノ電を使って周辺の寺社巡りや、江ノ島周辺が見学の中心となったようです。江ノ島の上にある江島神社まで頑張って上った班もありました。
最終集合場所は片瀬江ノ島駅、15時30分に集合です。15時をまわるとお土産袋を下げた生徒たちが集合し始め、集合時間前に全員が到着しました。到着と共に疲れて座り込む生徒がいたり、まだまだ元気におしゃべりする生徒がいたり、様々でしたが、全員が無事に研修を終えることができました。とても有意義な体験だったと思います。

(文責:中2担任 中村圭佐)