吹奏楽部 クラブ体験会11月3日(月)の文化の日、佼成女子吹奏楽部のクラブ体験会が行われました。
これは、主に都内の中学の吹奏楽部の生徒さんに本校の吹奏楽部を体験していただく試み。
日頃、吹奏楽部の講師をしてくださっている東京佼成ウィンドオーケストラメンバーの先生方にもおいでいただき、参加者は部員と一緒にパートごとに分かれてプロの指導を体験、最後に先生方も含めてた全員で演奏を楽しみました。

佼成女子の吹奏楽部は、東京都高等学校吹奏楽コンクールで3年連続金賞を受賞し、2013年には都大会、日本管楽合奏コンテスト全国大会にも出場。さらに地域での依頼演奏や、2012年3月には東京ディズニーリゾートでも演奏するなど、幅広い活動と実績を誇ります。2009年から東京佼成ウィンドオーケストラの先生方にも指導をいただき、強化を図ってきました。

今回の「吹奏楽部クラブ体験会」は、そんな佼成女子の吹奏楽部を中学生に体験してもらい、将来的に吹奏楽部の仲間になってもらえたらという趣旨で行われました。

当日は、吹奏楽部の部員たちが駅から学校までの要所要所でご案内、学校には楽器を持った約30人の中学生と引率の先生や保護者の方がお集まり下さいました。吹奏楽部部員も、後輩になってくれるかなとちょっとドキドキした面持ちです。

吹奏楽部クラブ体験会
吹奏楽部クラブ体験会
昨年まで男子校と一緒に行っていた「吹奏楽クリニック」に参加したことのある中学生もいて、最初から雰囲気は和やか。フルート、クラリネット、ユーフォニウム、トロンボーン、トランペット、サックス、テューバ、ホルン、パーカッションの9つのパートに分かれ、佼成ウィンドウの先生方の指導で、本校のクラブ活動の雰囲気を味わっていただきました。
吹奏楽は中学から始める人が多く、基礎にもばらつきがありますので、今回も基本的な姿勢や呼吸、効果的な練習方法についてレクチャーを受ける場面が多く見られました。
本校の吹奏楽部は、佼成ウィンドの先生方に月1回ペースで指導を受けており、生徒の希望進路によっては音楽大学への受験指導もしていただいています。
林 康郎先生
「歌うように吹くのが吹奏楽の醍醐味です」と、フルート 林 康郎先生。
euphonium
ユーフォニウム 岩黒 綾乃先生
trombone
トロンボーン 酒井 一也先生
trumpet
トランペット 安藤 真美子先生
sax
サックス 林田 祐和先生
tuba
テューバ 小倉 貞行先生
Horn
ホルン 上原 宏先生
Percussion
パーカッション 山口 多嘉子先生
パート練習場は、中学棟の教室やホール、そして移動が大変なパーカッションは、演奏会場となるカフェテリア。練習中はずっと校舎に音楽があふれていました。
参加者からは、「もっと堅苦しいかと思っていましたが、先生からアドバイスももらえて、部員の方も親切で楽しかったです」との声が。本校の普段の部活の感じを見ていただけましたでしょうか。

そしてこのクラブ体験会の最後を飾ったのが、カフェテリアでの合奏。「ディズニーランド50周年セレブレーション」等を演奏しましたが、60名の部員に加えて本日のクラブ体験者と佼成ウィンドの先生方も加わっていつもよりも豊かになった音色に現役部員も大喜び。
「いつもと違う音が聞こえて楽しかったです」との感想が聞かれました。
この日、参加者に配られた吹奏楽部の手作りパンフレットに最後に書かれていた言葉は「はじめはみんな初心者でした」。楽譜が読めなくても音楽が好きなら大丈夫です。
12月22日には、吹奏楽部の定期演奏会も行われます。皆様のお越しをお待ちしております。

■第6回佼成学園女子中学高等学校吹奏楽部定期演奏会
日時 2014年12月22日(月) 開場18:00 開演18:30 
場所 府中の森 どりーむホール
入場料 無料

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)