書道部NHK教育テレビ(Eテレ)のスクールライブショー「書道パフォーマンスバトル」で好成績をおさめたり、1万人以上の規模の大会ではほとんどすべての大会で上位入賞を勝ち取ったりと、佼成女子ではなにかと目立つ存在である書道部。
最近でも「書の甲子園」こと国際高校生選抜書展で団体優秀賞を受賞、また来年7月の全国高等学校総合文化祭滋賀大会の出場も決定しています。誰が入賞してもおかしくないくらい部員全員が切磋琢磨して伸びている、それが佼成女子書道部です。

個人のイメージが強い書道ですが、佼成女子では書道は受験と同じく団体戦。学年を超えたチーム制で、お互いを知り、お互いを高めあって上を目指します。部室に書かれている目標も、チーム目標と個人目標の2種類。その結果、毎年確実に新人が育つ、層の厚い部となりました。
とはいえ、顧問の櫻井先生によると、指導を始めた13年くらい前には部員はゼロに近く、まずは部員集めからのスタートだったそうです。5年以上かかって20名近い所帯となり、チーム制もその当時から導入されました。

最近の活動では、通称「書の甲子園」と呼ばれる第23回国際高校生選抜書展。これは高校生の書の大会では1、2を争う規模の大会で、今回も総出品数約1万7000点中、入賞は200名、入選は1800名。そんな狭き門の中、今年は高3尾崎遥加さんが第3席 準大賞、13位に入りました。
そして本校書道部からは11名が入選し、初めて団体優秀賞を受賞しました。
「初めて書の甲子園で団体賞を取れた。それがいちばん嬉しいことです」(櫻井先生)。

また、第27回東京都高等学校文化連盟書道展では、1、2年の部で高2の古林(こばやし)伽予さんが第1席1位で東京都教育委員会賞受賞。3年の部では尾崎遥加さんが第1席2位で東京都教育委員会賞を受賞。その結果を受け、古林さんは来年7月末の全国高等学校総合文化祭滋賀大会(びわこ総文2015)へ出場が決定しました。
この高校総合文化祭は文化部のインターハイとも呼ばれ、各都道府県の予選から選抜された文化部25部門の生徒や学校が頂点を競い合います。佼成女子書道部は、2年連続10回目の出場です。

ちなみに書道部の今年の実績は、1万人以上の規模の大会に20大会以上出品し、特別賞とよぶ上位入賞が70個以上。これはまさに団体戦の結果であり、部員全員にそれだけの力があるということです。

そんな佼成女子の書道部の指導の特徴は、「書道に関しての嘘は絶対しない」(櫻井先生)。
これにつきましては、2年前に当ホームページでもこのようにご紹介させていただいたことがあります。

「嘘がない作品づくり、本物を追求し、本物の書道で感動を表現する」が櫻井先生の方針です。嘘がない作品づくりとは、先生の書いたお手本を真似するのは臨書でも創作でもない、自分で古典と対話するのが臨書であり、一から作り出すのが創作であるという意味。つまり、部員一人一人それぞれが自由に書を表現しながらも作品と本気で向き合うことで自分を成長させているのが、佼成女子書道部の特徴と言えます。

先生がお手本を書くことはないし、朱を入れたりすることもほとんどない。最初から教え込むように口を出すこともしない。出来上がったものを見せに来る部員には、「どうやって書いたのか、どこができなかったのかと、質問攻めにします。持ってくるときに意見を聞くのは、自分が何を書いているのかわかっていないから。疑問点をまとめてから持ってきなさいと指導しています」(櫻井先生)。

これは当初からの変わらぬ指導方法です。頂点を目指すことがどれだけ厳しいことかが身に染みてわかっていて、根気よく上を目指す部員が増えた結果、指導の中身もさらに濃くなってきているとのこと。
「書道は上達するうちに、やってもやってもわずかな伸びしか感じられなくなる時が来ます。なかには、勉強は覚えればいいだけなので、書道よりよほど楽だと言う生徒も(笑)」(櫻井先生)とのことですから、書道で集中力が高まっていることも間違いなさそうです。

書道部
全国高等学校総合文化祭に出場が決まった高2の古林さんにもお話を伺いました。
古林さんは東京都高等学校文化連盟書道展、1、2年の部で第1席1位で東京都教育委員会賞を受賞し、この“文化部のインターハイ”に出場を決めました。古林さんは書道部に入ったことで、「いきなり全国大会に出場できるチャンスがあるような部活に入ったので、中学の頃よりも積極的で活動的になって、口数も増えました」とのこと。
「予選の作品に納得はしていません。なので、全国大会では自分自身も先輩方にも納得してもらえるような作品を作りたいと思います」と決意を語ってくれました。
この日も部員たちは、黙々とひたすら自分に集中して練習を続けていました。そんな書道部の作品は本校の管理棟1階に常設されています。ご来校の際には、そんな彼女たちの成果をぜひご覧いただければと存じます。

また、書道部もう一つの顔、書道パフォーマンスの方では、来年1月9日、16日、23日(金)の18:55~19:24(Eテレ)にて放送されるスクールライブショー「書道パフォーマンスバトル全国大会」に出演します。こちらもぜひ、ご覧ください!

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)

書道部の作品