中学説明会中学受験をお考えの皆さまにとって、志望校選びも大詰めを迎えていることと思います。そんななか、本校では12月13日(土)に年内最後となる「第5回中学説明会」を開催しました。
前回に引き続き、たくさんの受験生・保護者の皆さまにお越しいただき、ここでしか聞けない入試の優遇制度など、盛りだくさんの情報をお伝えしました。

まずは、ニュージーランド留学から帰国した特進留学コース(KGGS)の生徒たちが1年間の留学体験を報告。受験生・保護者の皆さまを前に、留学で身につけた流暢(りゅうちょう)な英語を披露しました。
彼女たちは帰国子女ではなく、中学に入るまで英語を習ったことのない生徒たちです。今回の留学で英語力はもちろん、コミュニケーション能力、問題解決能力、困難に立ち向かう人間力などを身につけ、大きく成長して帰ってきました。
大勢の人を前に、堂々と英語でスピーチする彼女たちの姿に、会場からは驚きのため息が漏れていました。
特進留学コースの生徒
「たくさんの方の支えがあり、かけがえのない素晴らしい経験が積めました」と留学を振り返りました。
山内校長
「SGH(スーパーグローバルハイスクール)の名に恥じぬよう、ますます超英語力を訴求したグローバル人材教育に邁進してまいります」と山内校長は意気込みを語りました。
生徒たち
本中学に在学した特進留学コースの生徒たちが登壇し、佼成女子の充実した学生生活について語りました。
佼成女子受験の「顔」でもある江川教頭からは、今年度の入試概要等をご説明いたしました。他校に比べ、受験がし易いのが本校の入試の特長です。
江川教頭は、電子黒板を活用しながら、2万円で何度でも受験できる本校の受験スタイルや、公立中高の「腕試し」としても活用可能なPISA型入試についてもご説明しました。
また、「他の私立に比べて入りやすい佼成女子ですが、卒業時にはたちまち他校を追い越す『難関大学合格実績』を実現しています」と本校の特長である「難関大学合格実績」についても熱く語りました。
江川教頭
「速報!お茶の水女子大学(国立)への推薦合格が決まりました!」と早くも難関大学への合格をご報告する江川教頭。
佼成女子中入試の特徴

本年度も、2月1日(日)の午前・午後入試で「PISA型入試」が受験できます。さらに、今回から下記のような「答案分析表」を希望者にはお渡しするシステムを新たに付け加えました。

答案分析表

この答案分析表には、点数だけではなく、個別にコメントも記載。これにより、公立中高の受験も検討している方にとって、自分の直前の実力を知ることができるようになりました。(受験日翌日、2月2日(月)10:00~16:00にお渡しいたします)

チャレンジ
別室では受験生たちが算数や国語の問題にチャレンジ。
クリスマスプレゼント
終了後には参加者の皆さまへクリスマスプレゼントが配られました。
今回も多くの皆さまにお越しいただき、誠にありがとうございました。志望校として、ぜひご検討いただければ幸いです。

●今年度の中学説明会は、残すところあと1回!
第6回中学説明会 1月10日(土)14時~

引き続き、多くの皆さまとお会いしたいと思っております。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)