新入生歓迎会入学式翌日の4月10日(金)、本校講堂で新入生歓迎会が行われました。これは、新中1、新高1に委員会や部の活動内容を紹介するために行われる恒例行事。ビデオやパワーポイントを駆使した先輩たちの発表は、年々見せ方が上手になっています。最前列に座った新入生たちは、自分に合った委員会や部活を選ぶべく、真剣にステージに見入っていました。フォトレポートでお届けします。

委員会活動や部活は、新入生たちが上級生や後輩たちとの縦の人間関係をつくる大事な場所です。中学校から入った生徒は6年間同じ部活動を続けることも珍しくなく、また中学生がこうした活動を通じて高校生の先輩と交流できるのも中高一貫校ならでは。先輩たちは新入生歓迎の気持ちを込めて、楽しい映像やパフォーマンスで委員会や部活紹介をしてくれました。

生徒会役員
この日、ビデオ編集に司会にと大活躍の生徒会役員。
校長先生
今日は分刻みのスケジュールですから、校長先生のご挨拶も1分で。
「すべてにトライをしてください!まずやってみることです」
最初に新入生にパンフレットが渡され、まずは高校生徒会のビデオ紹介からスタート、続いて新聞、宗教、保健、図書、放送、美化、風紀、中央の順で委員会の活動内容、最後に中学議長団も紹介されました。佼成女子の生徒は、必ずどこかの委員会に所属することになっています。

高校生徒会
高校生徒会、中学議長団の紹介は進学塾のCMのパロディで。
図書委員会
図書委員会は、乙女祭の恒例古本市等をご紹介。
部活動は、吹奏楽部、バレー部、ソフトボール部、茶道部、ダンス部、ハンドボール部、美術部、演劇部、水泳部、ソフトテニス部、軽音楽部、バトン部、剣道部、バスケットボール部、英語同好会、写真部、バトミントン部、合唱部、書道部の順で行われました。

吹奏楽部
新入生入場でも楽しい演奏をしてくれた吹奏楽部。佼成女子でも目立った活動をしていますが、実は部員の7割が初心者からのスタート。
バレー部
バレー部は先日朝のテレビ番組にも登場。「一つの家族になろう!」をモットーに、みんなで協力しあい、感謝しあってがんばっている様子が放映されました。
ソフトボール部
ソフトボール部はQ&A方式で部活紹介を。東京オリンピックでの復活が期待されているソフトボール、佼成女子には東京都選抜候補者もいるんですよ。
茶道部
佼成女子にはすばらしいお茶室があり、中学生は必ず茶道を習います。茶道部に入ると、浴衣の着付けも覚えられるというメリットも。
ダンス部
卒業生の先輩もコーチに来てくれるというダンス部。かっこいいダンスに、新入生たちの目は釘づけでした。
バトン部
バトン部はステージいっぱい使っての演技。乙女祭でのステージは、毎年大人気で、まさに乙女祭の華です。
書道部
書道パフォーマンスで人気の書道部も、最後には講堂でのパフォーマンスにつながるという、楽しい紹介ビデオを。
美術部
他にも美術部、演劇部、水泳部、ソフトテニス部、軽音楽部、バトン部、剣道部、バスケットボール部、英語同好会、写真部、バトミントン部、合唱部の紹介が行われました。
続いて、佼成女子の三大行事であり、生徒たちが主体となって運営していく乙女祭実行委員会、SF(スポーツフェスタ)実行委員会が紹介されました。
SFのポスター、書道部協力による今年のTシャツもスクリーンで発表され、続いて恒例、先生方による紅白決めの抽選会。まずは井上教頭、江川教頭が箱に入った紅白の球を取り、今年は井上教頭が白組、江川教頭が紅組に決定。そのあと、担任の先生が箱から球を取って、全クラスの紅白が決定します。新入生たちは、なぜ紅白決めでこんなに盛り上がっているのかよくわからなかったと思いますが、高2、中2の先輩方も去年はそんな顔をしていたのを思い出します。
SFは、競技を練習することでクラスの団結を高め、先輩たちと協力し合って赤白の応援することで学校全体になじんでいく貴重な機会です。がんばっていきましょう!

最後に新入生代表の高1板橋さんより、「今日は委員会や部活を選ぶいい参考になりました」との感謝の言葉がありました。

少し長丁場となりましたが、新入生たちは工夫を凝らした発表を楽しんでいたようです。最後に在校生から新入生に激励の拍手を送り、本日の新入生歓迎会は終了となりました。学校生活は可能性に満ちています。部活から、または部活の先輩に影響を受けて進路を決めた生徒もたくさんいます。できる、できないと考えるのでなく、“やってみたい”と思うことに、ぜひチャレンジして下さい。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)