モンゴルのテレビ局4月2日(木)、本校のハンドボール部がモンゴルのUBSというテレビ局の取材を受けました。
取材に来てくださったトゥムルバートル・デレグ氏は、昨年来日した際に偶然本校ハンドボール部の優勝報告会を目にし、生徒たちの冷静で堂々とした様子に感銘を受け、モンゴル国民にもその姿を紹介したいと思われたようです。
氏は、「私はかつて新渡戸稲造の『武士道』をモンゴル語に訳し、紹介しました。彼女たちの、優勝しても感情を抑え冷静な行動をとる様子からは、武士道につながる日本的価値観が感じられました。モンゴルの人たちは、日本に対してはただ豊かな国だという印象があるようなので、ぜひ経済面だけでない、精神面での豊かさを伝えたいと思いました」と流暢な日本語で語ってくださいました。
実際の練習の様子をご覧になり、顧問の石川先生にもインタビューをされていました。

取材の様子は、モンゴルの全国ネットで放映される予定です。日本で確認できないのは残念ですが、日蒙両国の文化理解のために少しでも貢献できればすばらしいことでしょう。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)

テレビ局取材