制服着こなしセミナー4月10日(金)、新入生歓迎会のあと、中1高1の新入生たちは講堂で「制服着こなしセミナー」を受講し、制服の美しい着こなしなどについてレクチャーを受けました。

佼成女子の制服がモデルチェンジした昨年度から、新制服を手掛けて下さった会社にお願いし、制服の役割やきれいな着こなしについてお話していただいています。
セミナーの講師には、昨年度に引き続き日本メンモウ株式会社のデザイナー、平野さんにお越しいただきました。本校制服の担当者として完成にご尽力いただき、佼成女子の制服のことを誰よりもよくご存じの方です。「皆さんの制服には非常に思い入れがありますので、ぜひきれいに来ていただいて、制服を好きになっていただきたいです」(平野さん)
昨年から導入された新制服は、旧制服の伝統や気品を残したうえで、より機能的できれいなシルエットになっています。旧制服との違いは、ジャケットなので、暑い時は脱いでブラウス姿になることもでき、スカートとリボンも柄違いの2種類。ブラウスの襟も紺と白の2種類。さらにグレーのカーディガン、クールビズ期間に使えるポロシャツもあり、制服といえどもバリエーション豊富。気候に合わせたり、清潔に保つことが楽になりました。

平野さんのお話のテーマは、「制服の着こなし方を身に付けて、さらに自分自身のイメージアップをはかろう」。
まずは、佼成女子の制服の機能、バリエーションについてご説明いただきました。
そして、服の役割について。服にはプライベートウェア(普段着)、フォーマルウェア(正式な場での服装)、オフィシャルウェア(社会的な意味のある服装)の3つがあり、これをTPO(時、場所、場面)によって着分けています。制服は、この中のオフィシャルウェアに当たります。
制服には役割があります。まず、その人の属している団体や職業、階級がわかること、そして国によっては、その人の安全が確保されたり、犯罪に巻き込まれにくくなる一面もあります。皆さんも、佼成女子の制服を着ることで、周囲の人に佼成女子の生徒だと認識され、安全性が確保されます。皆さん自身も生徒としての自覚が芽生えます。また、制服から私服に着替えることで、オンとオフの切り替えにもなります。

さらに、人の見た目と第一印象についてもお話いただきました。人の目は固定的で、最初に見た印象は頭に焼き付いてしまい、それを打ち消して他の印象に変えるというのはなかなか難しいのです。それが、第一印象です。人に対する第一印象は諸説ありますが、せいぜい6秒くらいで決まってしまうとのこと。6秒間で私たちが得る情報は、外見55%、声や話し方38%、残りの7%が話の内容。第一印象は、その半分以上が外見の要素なのです。第一印象が悪いと、それを良い印象に変えるのは難しいことで、それだけ第一印象は大事にしなければなりません。
例えば、皆さんが佼成女子の制服をだらしなく着崩して外を歩いたとします。そうすると、「ずいぶん佼成女子の生徒はだらしないのね」という学校の印象につながります。そしてその印象は、その本人だけでなく、同じ制服を着るお友達への評判にもつながってしまいます。
制服の着こなし方そこで、美しい制服の着こなし方も教えていただきました。

  1. ジャケットのシルエットをしわやポケットに入れたもので崩さないこと
  2. ブラウスが清潔で汚れていないこと
  3. スカートの丈は、長すぎて靴下とくっつくとやぼったく、短すぎて太ももが見えると足が太く見える。脚の中で一番細いのが足首、二番目は膝ですから、膝のところでスカート丈が終ると、足がいちばん引き締まって見える
  4. ジャケット1に対してスカート1がいちばん品のあるバランス

「おうちに帰って制服を脱いだたら、ポンと置いておくのでなく、ハンガーにかけて、きれいに保つようにしてくださいね」とおっしゃる平野さんの言葉に、中1生たちも最前列でうなずいていました。今回のセミナーは、単に制服の説明だけでなく、制服の社会的な意味や、服装は個人だけの問題ではないという気付きを、生徒たちに与えて下さったようです。平野さん、どうもありがとうございました。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)