本校の学園祭、乙女祭が9月19日(土)・20日(日)に実施されました。
前日は雨模様でしたが、当日は夏を思わせる好天に恵まれました。恒例の後援会模擬店。大人気のやきそばをはじめ、いそべやき、マフィン、フランクフルト、ラムネの各メニューは完売となりました。校舎内で行われた復興支援販売、バザーも多くのお客さまにお買い上げいただき、大盛況のうちに終わることができました。
なお、設営・食材搬入・やきそば作りでは朝早くからお父さんたちが、事前準備・盛り付け・販売などでは理事・お手伝いのお母さんたちが大活躍しました。

模擬店
模擬店
模擬店
模擬店
乙女祭やきそば作りベテランのお父さん・初めて参加したお父さん・ピンクのキャップの本部役員。
学年を超えてお父さん同士の輪も広がります。2日間で2100食のやきそばを作りました。
出来上がったやきそばはお母さんたちが手際よくパック詰め。朝早くから、キャベツのカットや準備、ご苦労様でした。
やきそば
やきそば
両日行われた復興支援販売では、岩手、宮城、福島からの様々な食料品を販売しすべて完売しました。また、20日のバザーも大盛況。品物を寄付してくださった教職員・保護者の皆さま、ありがとうございました。

乙女祭2日間の後援会売上合計は、1,061,050円でした。模擬店・バザーの売上は生徒会に寄付いたしました。生徒の学校生活のために有効に運用していただきます。復興支援販売・麦茶紙コップ代金は東日本大震災の義援金として生徒会を通じて被災地に寄付させていただきます。

※上報告の詳細はこちらから  
乙女祭売り上げ報告(PDF)

バザー