祝勝会佼成女子のハンドボール部が、2015年8月1日~7日に開催された「全国高校総体(インターハイ)」におきまして、見事第3位の栄冠を勝ち取りました。その栄誉を祝し、10月10日(土)本校カフェテリアにおきまして祝勝会が開催されました。その模様をお届けいたします。

全国にその名をとどろかせている佼成女子ハンドボール部。世界女子ユース選手権のメンバーに選ばれたり、海外からのテレビ取材を受けるなど、日本のみならず世界からも注目を集めています。
そんなハンドボール部は、最後まであきらめない部員の力強さが奏功し、2015年(平成27年)インターハイにおきまして、見事第3位の栄冠を勝ち取りました。
この日は彼女たちの努力をねぎらうために、多くの関係者の皆さんに集まっていただき、笑顔あふれる祝勝会となりました。
2015年全国高校総体(インターハイ)のシンボルマーク
2015年全国高校総体(インターハイ)のシンボルマーク
酒井理事長
山内校長

満面の笑みで選手たちの健闘を祝う、酒井理事長(写真左)と山内校長(写真右)。

ハンドボール部員
ハンドボール部コーチ

まじめに聴き入る部員と、監督、コーチたち。スポーツによって培われた礼儀正しさです。

安藤コーチ
石川監督

いつもはきびしい(?)安藤コーチ(写真左)と石川監督(写真右)も、今日は終始にこやか。

祝勝会
祝勝会

部員たちはごちそうを取り分けながら、思い思いに祝勝会を楽しんでいました。

挨拶
最後は部員一人ひとりの挨拶。
「皆さんのおかげでここまで来れました。ほんとうにありがとうございました!」
「この仲間でハンドボールができたことを誇りに思います!」
「今まで悔しい思い出もいっぱいありましたが、最後の最後にインターハイ3位という良い結果を残せて本当によかったです!」
「ここまで来るのに大変なこともありましたが、支えてくれた皆さんのおかげです」
と、時に涙ぐみながら、心がこもったコメントを寄せていました。
ハンドボール部のためにご協力いただいた皆さま、応援していただいた皆さま、本当にありがとうございました。また、活躍した選手も、控えの選手も、裏方でサポートに徹した部員たちも、本当におめでとうございます。これからも、佼成女子ハンドボール部に温かいご声援をお願いいたします。

学力はもちろん、スポーツにも強い佼成女子。女子ならではの「明るい文武両道」が息づいています。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)

祝勝会