3月24日(木)、今年度の締めくくりである3学期終業式が行われました。卒業式を終えた高3、中3不在の終業式は寂しくもありますが、4月には新入生たちが新しい風を吹き込んでくれることを思うと、楽しみでもあります。年度の最期ということもあって、表彰式も盛りだくさんでした。

■学校長訓話
「高校卒業式で、卒業生の田中希枝さんが読み上げた答辞の一節を皆さんにもご紹介します。
『高校3年生になって、最初の行事、スポーツフェスタでは、1年生の時よりも確実に成長した自分と仲間がいることを感じられました。新たに素晴らしい仲間と出会えてとても嬉しかったことを覚えています。そんな学校生活をこなしながら、私たちは進学に向けてそれぞれ取り組んでいました。がんばっているのになかなか結果が出なかったり、みんなに置いて行かれそうで不安になったり、本当につらく大変な時期が何度かありました。でもやはりそんなときに支えてくれたのは仲間でした。一人ではできなかったことも仲間と支えあって乗り越えた受験勉強は私にとってかけがえのない財産になりました。佼成学園女子高校のいいところは、みんなで頑張るというところだと思います。辛い時、悲しい時、その気持ちを共有できる仲間がいる。とても大切なことです。だから自分も誰かの助けになれるよう、高校での出会いと経験を胸に今後も頑張っていきたいと思います』
皆さんの先輩である田中さんは、支えあっていける仲間がいるのが佼成学園女子校の良いところであり、自分も誰かの助けになれるような人間になりたいと言ってくれました。この場にいるすべての生徒の皆さんが、いずれ進路を切り開いて夢を実現しようという強い意志を持たねばならない時期に差し掛かります。特に高2は、これから1年間モチベーションを維持しなければなりません。しかし、恐れることはありません。佼成女子の多くの先輩たちが、今までもこの困難を乗り越えて自らの道に進んでいったのですから。答辞にあったように、仲間がいるから乗り越えられる。それが佼成学園女子の生徒たちの姿です。皆さんにも多くの仲間がいます。共に、自らの未来を作り上げていってほしいと思います」
この日は、吹奏楽部がこの日の早朝にスリランカ演奏旅行に旅立ったこと、また本校が日本英語検定協会から平成27年度団体の部の「米国大使賞」「日本英語検定協会賞」を受賞したことも、山内校長から併せて発表されました。

■ 表彰

  • 1か年皆勤賞 中1 4名、中2 6名、高1 36名 高2 30名
  • 中学学力テスト成績優秀者 ベネッセ学力推移調査の3科目総合成績全国偏差値58以上 中1 2名、中2 6名
  • 第3回英語検定(希望者のみ受験) 
     準1級 5名
     2級 31名(うち中学生1名) 
     準2級 23名
     3級 6名
     4級 3名
     今回卒業生1名(留学クラス)が1級合格しました。
  • 全校漢字テスト優秀者 中学生18名 高校生26名
  • 数学検定 合格 高校生4名
  • ダンス部
     すぎなみ舞祭 中学2年生の有志が出場 団結賞、個人賞受賞
  • 水泳部
    高2古屋夏海 フィンスイミング世界大会(台湾)日本代表として出場 文化スポーツ活動賞受賞
  • 書道部
    第24回国際高校生選抜書展(書の甲子園) 第3位準大賞 第5位秀作賞 第6位入選
    第28回東京都高等学校文化連盟書道展 (個人)高3の部第1位 高1,2年の部第1位 高3の部第2位 高1,2年の部第6位
    (団体)第2位 団体優秀賞受賞
    ※高2徳田百花 第40回全国高校総合文化祭(広島大会)出場決定
    第6回全国青少年書初め大会 (個人)第6位 (団体)第8位
    3月26日(土) 日本橋三越本店1階にて江戸桜まつり「学生書道ライブ」書道パフォーマンス

■ 離任式
終業式の最後に、退職される先生方の離任式が行われました。どうかこれからもお身体に気を付け、ご活躍ください。

4月からはかわいい後輩たちを迎え、全員が先輩です。リフレッシュして4月を迎えられるよう、楽しく有意義な春休みを過ごして下さい。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)