7月10日(日)イギリス短期留学参加者28名は、修学旅行最後の見学先ロンドン塔で本隊と別れた後、イギリス南部のブライトンへ向かいました。
語学学校はRegent Brighton 17名、British Study Centres 11名に分かれ、11日(月)より授業が始まりました。授業は両校共に月曜日から金曜日までで、言葉・文法・ライティング・会話表現等、実践的な活動を伴いながら英語の学習に励んでいます。ホームステイ先から語学学校へは徒歩またはバス通学で、中にはバスを乗り換えながら通う者、1時間に2本しかないバスに乗って登校する者もいます。最初は英語が理解できず戸惑うこともありましたが、それでも積極的に交流を持とうと努力しています。また、両校共にアクテビティがあり、校内でクリームティーを楽しんだり、代表的なイギリス料理フィッシュ&チップスを語学学校の先生と一緒に食べに行ったりするなど、イギリス文化にも触れながら現地の生活を満喫しています。

授業のない土曜日は「土曜日プログラム」として、1週目はウィンチェスター、2週目はブライトン市内へ行きました。ウィンチェスターはロンドンが首都となる前に首都であった都市で、町のシンボルウィンチェスター大聖堂周辺とグレート・ホールを見学しました。イギリス最古のパブリックスクールであるウィンチェスター・カレッジは、開校当時からある水飲み場や食堂・ホールなど、校内も見学することができました。2週目のブライトン市内では、Regent Brightonの校長先生たちのご案内で、ロイヤルパビリオンの見学した後、図書館やたくさんのお店を散策し、ブライトンピアで楽しいひと時を過ごすことができました。

短期留学も3週目に入り、先週末に翌週のバスチケットを配布した時に「はやーい」という声が聞こえてきました。現地の生活にすっかり慣れてきたようです。留学生活も残り半分となりました。語学学校とホストファミリーの生活が有意義なものとなるよう願っています。
(文責 国際部)

バスで通学
毎日バスで通学しています
留学生と一緒に通学
他国の留学生と一緒に通学
語学学校のランチタイム
語学学校のランチタイム
フィッシュ&チップスを食べに行きました
フィッシュ&チップスを食べに行きました
グレート・ホール
アーサー王ゆかりの円卓があるグレート・ホール前にて
ロイヤルパビリオン
ロイヤルパビリオンにて