終業式7月20日(水)、平成28年度1学期の終業式が行われました。4月に中高の新入生を迎え、5月のスポーツフェスタ、6月の英検まつり、7月の高1ヤングアメリカンズ、高2イギリス修学旅行と、クラスや学年で取り組む行事が目まぐるしく続いたこの3か月。新入生たちも様々な経験を通して学園生活になじんでいった1学期でした。

■校長訓話
1学期もSFや英検まつりといった様々な行事がありましたが、高2のイギリス修学旅行はちょうどイギリスがEUから離脱した時でした。EUについて理解を深めるきっかけになったかと思いますし、高2は歴史の生き証人になったと言ってもよいかと思います。
また、先日のヤングアメリカンズでは、高1の皆さんがたいへん輝いて、一人ひとりが主役となっていました。また、本校の卒業生2人がヤングアメリカンズの入団試験に合格し、アメリカでトレーニングを受けて、来年には世界ツアーに出るそうです。
学校というのは、いろんな夢を描いていける場所です。皆さんの先輩は夢を持ち続けて実現しました。ぜひ、先輩たちに続いていってほしいと願っています。学校での体験、世の中での体験が皆さん一人ひとりの人間性を高めます。人間力を生かして、先輩たちのように夢を追い続けてほしいものだと考えています。
先日、文科省にて、スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校の中間評価が行われ、行ってまいりました。第1次で指定を受けてから3年、その間に学校として取り組んできたことや成果を、審査委員会の先生方にお話してまいりました。
本校のSGHには、3つの柱があります。ひとつは留学コースの人たちのニュージーランドとシドニー大学での研修、そして今日タイから帰ってきたSGクラスの会津大学研修やタイでのフィールドワーク、ロンドン大学SOAS校での研修、そして特進文理及び進学コースのスリランカプログラムと、中国プログラムです。このほかにもイギリス修学旅行、そして中3のニュージーランド3か月留学も始まります。クラブ活動でも、ハンドボール部は韓国の高校とのスポーツ交流、吹奏楽部はこの春スリランカで現地の大学や高校で演奏活動をしてきました。
本校はなぜこのような活動をしているのか。それは、グローバル社会において、皆さんがこれから大学に行き、就職をし、また家庭を持って子供たちを育てるそのときに、さらにこの社会が進化していくだろうと考えられているからです。皆さん方一人ひとりがグローバル社会の真っただ中に立たざるを得ない状況に置かれている。そのときに行く道を間違えないようにするためにも、グローバル社会の中での世界観を身に着けて欲しいと、本校が願っているからです。
皆さんには、2つ身に着けてもらいたいものがあります。ひとつは、外国の文化、価値観と向き合った時に、日本人としての考え方や価値観を持って異文化を理解する能力を身に着けてもらいたい。もうひとつは、異文化と向き合った時に、コミュニケーションを取り、異文化に対して影響力を与えることのできる能力を身に着けてもらいたい。皆さんは、コミュニケーションを取るために語学力を身に着けようと努力しています。さらに学校で、相手に影響を与えることのできるような多くの知識を身に着ける努力をしています。私達の学校は、創立者の庭野日敬先生が「国際社会で平和に貢献する人材を育成したい」という強い意志を持って62年前に創られました。この創立の理念に沿った生き方をしている先輩方が、今やたくさんの会社や組織で活躍しています。皆さん方にも、皆さん自身が胸を張れるような生き方を社会に対していけるような、自立した女性になってほしいと願っています。

■各種認証・表彰
1.新生徒会役員認証
6月の選挙で選ばれた新生徒会役員の認証が行われ、名前と役割が紹介されました。

2.中学学力テスト
6月実施の標準学力テストの結果、偏差値が60以上の生徒36名(中1生9名、中2生13名、中3生14名)が表彰を受けました。

3.アートリンク
アートリンク入賞 中3生5名
アメリカのコネチカット州のNPO団体、クリエイティブ・コネクションズが主催する「アートリンク」には、世界30カ国以上の学校から生徒たちの絵が集まりました。本校からも昨年、当時の中2生たちが応募し、うち5名の絵が入選しました。現在その作品は、国際子供美術展に展示されています。

4.英検まつり英単チャレンジ
英検まつりの英単チャレンジの中学の部1位の3年1組、高校の部1位3年F組、2位3年B組、3位2年A組の表彰が行われました。
個人は優秀者中学の部上位8名、高校の部上位42名、計50名の表彰を行いました。

5.英検
今年度よりリニューアルされた英検ですが、昨年度第1回を上回る合格者が出ました。
1級が1名出たほか、準1級15名、2級18名、準2級59名、3級39名です。

6.バトン部
第29回関東バトントワーリングコンテスト 全国共通規定演技ソロトワーリング部門 
入門金賞 高1 9名
中級金賞 中3 3名

7.バレーボール部
東京都高体連中期リーグ戦 優勝

8.ハンドボール部
東京都高等学校総合体育大会(兼全日本高等学校ハンドボール選手権)都予選 優勝

■壮行会
この夏休みに全国大会に出場する、書道部、ハンドボール部、関東大会に出場するバレー部の壮行会が行われ、出場者が壇上で紹介されました。

1.書道部
7月に広島県で開催される第40回全国高等学校総合文化祭に、東京都代表として高3徳田さんが出品します。書道部の全国大会の出品は、3年連続11回目となります。
また、8月7日に愛媛県で開催される第9回全国高等学校書道パフォーマンス選手権大会(書道パフォーマンス甲子園)に今年は予選全国3位で出場します。3年連続4回目となります。
「書道パフォーマンス甲子園」公式ホームページ
http://shodo-performance.jp/

2.ハンドボール部
8月1日から山口県周南市で行われる全国高等学校総合体育大会に出場します。6年連続14回目のインターハイ出場となります。

3.バレーボール部
神奈川県相模原市で行われる24回関東私立高等学校男女バレーボール選手権大会に出場します。

アフリカへ毛布を送る運動最後に、宗教委員会による「アフリカへ毛布を送る運動」発送式が行われました。これは、内戦などで家を失ったアフリカの人たちに1枚の毛布を送る運動です。今年は毛布17枚、発送費に使われる募金1万1700円を集めることができました。毛布は、昼間には太陽をさえぎる日よけとして、夜は寒さよけとなり、またサバンナの嵐の砂除けともなります。1枚1枚の毛布には、宗教委員が英語のメッセージを縫い付けました。「こうした活動を通してアフリカの人々に私たちの想いが少しでも届けば嬉しいなと思っています」(宗教委員長)。ご協力いただきました生徒や保護者の方々に御礼申し上げます。

夏休みが始まります。暑さに気を付け、実のある時間を過ごして下さい。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)