書道部の大会受賞結果をご報告します。

◆第40回全国高等学校総合文化祭(ひろしま総文2016) 書道部門・東京都代表出場
平成28年7月30日(土)~8月3日(水)
広島県立広島産業会館 、広島市南区民文化センター

朝日新聞社賞(第3位) 高3 徳田 百花

朝日新聞社賞受賞作品
受賞作品

文化部のインターハイと呼べるこの大会へ書道部としての出場は3年連続11回目となります。昨年11月に池袋の東京芸術劇場で開催された、第28回東京都高等学校文化連盟書道展での最高賞受賞により、東京都代表の出場権を獲得しての出場。今大会には各都道府県の代表作品316点が展示されました。この中から審査の結果、3位朝日新聞社賞を受賞しました。本校書道部としては2年ぶり2回目の特別賞入賞です。

◆第9回全国高等学校書道パフォーマンス選手権大会(書道パフォーマンス甲子園)
平成28年8月7日(日)
四国中央市伊予三島運動公園体育館

本戦出場(第9位)

書道パフォーマンス選手権大会披露作品
大会披露作品

愛媛県四国中央市で開催されるこの大会への出場は3年連続4回目となります。予選は全国96校からの応募がありました。本校書道部は関東ブロック1位、全国3位で予選を通過。目標は優勝でしたが、本戦では力及ばず9位(8位と同点、審査規定により9位)となり、昨年の7位より順位を落とす結果となってしまいました。

◆第33回ふれあい書道展
平成28年8月11日(木・祝)~17日(水) 
熊野町民会館 

広島県知事賞(最高賞・第1位) 高3 川﨑 野乃子

広島県知事賞受賞作品
受賞作品

筆生産日本一の町、広島県熊野町で年2回春夏に開催される書道展で全国の幼児から一般まで17,831作品の応募がありました。32回展に続き2大会連続の最高賞受賞です。

◆第15回岐阜女子大学全国書道展
平成28年9月18日(日)~19日(月・祝)
岐阜女子大学文化情報研究センター

大賞(最高賞・第1位) 高3 徳田 百花

大賞受賞作品
受賞作品
 
岐阜女子大学主催の幼児から高校生までを対象とした書道展。全国より12,645作品の応募がありました。昨年は第2位準大賞を受賞。最高賞の大賞受賞は本校書道部初となりました。

◆第44回全国学生比叡山競書大会
平成28年11月23日(水・祝)~平成29年9月末日
比叡山延暦寺根本中堂

内閣総理大臣賞(最高賞・第1位) 高3 徳田 百花

受賞と同一箇所揮毫作品
受賞と同一箇所揮毫作品

比叡山書道連盟主催の競書大会で幼児から大学生まで例年約6000作品の応募があります。昨年の43回展に続いて2大会連続の内閣総理大臣賞受賞となりました。

◆第14回和洋女子大学競書大会
平成28年11月19日(土)~20日(日)
和洋女子大学 文化資料館/書道室

日本書写技能検定協会奨励賞(第6位) 高1 田島 凪

和洋女子大学主催の競書大会で、幼児から高校生までを対象とした書道展。全国より10,378作品の応募がありました。昨年の13回展での5位入賞に続き、2年連続の特別賞上位入賞となりました。また、同大会では10位審査員奨励賞にも2名が入賞しました。

◆第58回全国書道展
平成28年11月26日(土)~27日(日)
大東文化大学

全国高等学校書道協議会賞(7位) 高1 村松 彩

大東文化大学主催の大会で、幼児から一般までを対象とした書道展で毎年約2万5千作品の応募があります。同大会では久々の上位入賞となりました。

◆第25回国際高校生選抜書展(書の甲子園)
平成29年1月31日(火)~2月5日(日)
大阪市立美術館

【個人】
準大賞(第3席) 高3 徳田 百花 (2年連続準大賞受賞)  
秀作賞(第5席) 高3 帯津 友香

【団体】
南関東地区優秀賞

全国から高校生出品数16,836作品の応募があり、入賞200名(1席大臣賞2名、2席大賞10名、3席準大賞20名、4席優秀賞40名、5席秀作賞128名)、入選1800名が選ばれるというレベルの高い大会です。書道部では3年連続の準大賞受賞となりました。今大会では入賞者2名入選者8名でしたが、部の目標の1つとしていた南関東地区優勝には残念ながらあと少し及ばずという結果でした。

(文責:顧問 櫻井)