出発式平成29年1月21日(土) 
特進留学コース13期生は、ニュージーランドへ向けて出発しました。多くのご家族の方々や留学に関係する方々がお見送りにいらしてくださいました。出発式で代表生徒がご家族やお世話になった方々への御礼と1年間の決意を堂々と述べ、出国となりました。

ニュージーランド
1月22日(日) 
帰国前の年度末研修がシドニー大学で実施されます。そのため、オーストラリア(ブリスベン空港)を経由し、ニュージーランド(オークランド)へ向かいました。ホテル到着後すぐ、ホテルの利用方法や明日の行程の確認など、短いオリエンテーションを行いました。
1月23日(月) 
研修2日目、午前中は滞在中に必要な朝食などを購入するため、ホテル近隣のスーパーへ買い物に行きました。午後はATM研修、アートギャラリー、郵便局での切手や封筒の購入など、多くの課題をこなしました。

郵便局
オークランド
1月24日(火) 
研修3日目はリンクバスを使い、オークランド博物館へ行きました。博物館では現地の人にインタビューする課題が設定されていましたが、それぞれの現地校のペアで工夫しながら、声をかけていました。15人に声をかけた生徒もいました。

オークランド博物館
オークランド博物館
1月25日(水) 
各地域へとそれぞれが旅立つ日となりました。3地域(ハミルトン・タウランガ・ネイピア)に分かれて留学生活を送ることになります。最初に、ハミルトン地区行きのバスに乗る生徒を見送りました。次にタウランガ地区の生徒たちが出発しました。最後に空港へ向かうバスが出発しました。13期生らしく涙と笑いで別れ、見えなくなるまで手を振っていました。その後空港へ向かい、ネイピア地区に無事到着し、ホストや現地高校の先生方が出迎えてくれました。
多くの支えがあり、留学生活があることを忘れず、充実した一年間となるよう願っています。

(文責:KGGS特進留学コース13期生 担任)

オークランド