ロンドン研修4月半ばに始まった佼成女子初のロンドン大学研修。スーパーグローバル(SG)クラス1期生の14名は、6週間の活動を終えて帰国の途につきます。

ロンドン大学SOAS校では、学術的な英語論文の書き方について詳細な指導を受けました。教育・貧困・児童労働・フェアトレードなど、それぞれ高2の夏にタイで調査したテーマに基づき、SOAS流のやりかたで英語論文に仕上げていきます。皆、完成度を上げようと、何度も論文を書き直しました。また、途上国における開発や社会問題をどう捉えるべきか、様々な地域の実情に即した講義を受けました。SOASの教授陣が佼成女子のために一連の講義をわざわざ準備し、高校生にも分かるように丁寧に指導してくださいました。このような掛け替えのない貴重な経験を毎日味わうことができた生徒達は実に幸運です。イギリスの大学生と同じような学生生活を送り、大いに成長したことでしょう。

ロンドン研修ロンドン研修


5月22日以降、イギリスのテレビではマンチェスターでのテロ事件の報道が連日続いています。しかし、一歩街に出れば、ロンドン市内は至って平穏です。多くの方々にご心配を頂きましたが、生徒達はみな明るく勉学と交流に励んでいます。

1期生ということで、SGクラスに入学することには勇気が必要だったはずです。辛抱強く子供達を見守りながらご理解とご協力を頂いた保護者の皆様、そしてこの素晴らしい研修の実現にあたって尽力してくださった学内外の関係者の皆様に、心から感謝申し上げます。

帰国後は受験生としての日々が待っています。それぞれが心に抱く大きな夢に向かって、これからも1日1日を大切にしていかなければなりません。勇敢な開拓者として、自らの力で道を切り拓いてくれることを信じています。

ロンドン研修

(文責:担任 秋田)