乙女祭今年も「乙女祭」が9月23、24日の2日間にわたって開催され、たくさんの方にご来校いただきました。今年の乙女祭のテーマは「Let’s Party! ~最高の時間(ひととき)を~」。中高6学年の生徒たち全員の最高の時間を見ていただけましたでしょうか。フォトレポートでお送りします。

今年の乙女祭キーワードは「パラダイス」。女子校らしく明るい、みんなの個性を出し切ることができる乙女祭にしたい、みんなで楽しい世界を作りたいと、「楽しい世界」という意味のある「パラダイス」をキーワードに決めたとのこと。そして乙女祭テーマは「Let’s Party! ~最高の時間(ひととき)を~」。これは全校合わせて24クラスから募集して決定したものです。心から楽しむために、そしてご来場の方々に楽しんでいただくために、乙女祭委員会と生徒会を中心として、全校一丸で準備を進めてきました。
あいにく前日までの雨で校庭の使用は中止となりましたが、2日目の24日にはお天気もすっかり回復し、夕方の閉会式では、グラウンドで最高のフィナーレを迎えることができました。

いよいよ乙女祭のスタートです。生徒会長住沢さんの開会宣言は「今日と明日はみんなで思いっきり楽しみましょう!」。実行委員長の長嶋さんからは、「今日はみんなで準備してきた成果を出し切り、お客様と最高のひと時を作りましょう!」。

乙女祭
今年のポスターとパンフレットの表紙は高1大野さんの作品。
垂れ幕
校庭ではためく各クラス渾身の垂れ幕も審査対象です。
オープニングセレモニーが終わり、いよいよ乙女祭の始まりです。
まず最初は舞台発表。今年は中学2組、高校3組の全5組が参加しました。

1年B組
1年B組「パンドラの箱」は、影絵と光を使った幻想的な作品で、影絵でのフォーメーションでは客席からはため息がもれました。途中音声が出ないアクシデントにもめげず、舞台を作りあげました。
1年F組
1年F組「Arrabiana アラビアーナ」は、「私たちのダイバーシティ、多様性を表現します」。布を使った美しいアラビアンダンスや、日本のバブリーダンスで魅せました。
コーナー部門は、今年はなかなかバラエティ豊かで、行列ができているクラスもありました。

3年1組
3年1組「水あそびせえへん?」
2年F組
2年F組「ケイの部屋」
2年E組
2年E組「顔ネタリウム」
2年A組
2年A組「カエデットコースター」
高3たちの食べ物コーナーは、雨のために中学棟でのオープン。

3年F組
3年F組の「Bubbles’ Party」は、ドリンクの上にわたあめが乗った個性的なスイーツ。
3年C組
3年C組「MURA-NO-COFFEE」は、箸巻きのお好み焼きとドリンクのお店でした。
後援会では、今年も東北・熊本復興支援販売が行われました。24日にはバザーも開催され、大盛況となりました。後援会の保護者の方々も、焼きそばやマフィンなどを販売。
佼成学園男子校の生徒会も参加して、おいしいフライドポテトを揚げてくれました。
「れいほう会」(同窓会)では、毎年卒業生に贈られる手作りのコサージュの全コレクションが見られます。
この日はたくさんの受験生が学校見学に訪れ、個別相談会も行われました。

後援会
コサージュ
にぎやかな校内の中で別の空気が流れるのが図書館とお茶室です。

図書館
図書館では恒例の古本市。本を手に取る皆さんの顔が嬉しそうです。
お茶室
しんとした空気が流れるお茶室では、茶道部員が浴衣でおもてなし。
23日には、講堂でスーパーグローバルクラスの研究発表会が行われ、タイでのフィールドワーク、ロンドンでの研修報告、そして代表の2名が「タイの貧困と教育」「フェアトレードと児童労働」というテーマで研究発表を行いました。グローバルセンターには留学コースの生徒たちのニュージーランドでの様子が注目を集めていました。

スーパーグローバルクラスの研究発表会
グローバルセンター
講堂や体育館では高3最後の参加となる、部活動のパフォーマンスが。中学生だけのチーム発表があるのも文化祭ならでは。また、教室でも部活の展示が行われ、なかでも選抜とインターハイで共に全国優勝したハンドボール部の試合のビデオは見入ってしまう人がたくさんいました。また、24日にはメインフロアで、バスケットボール部の招待試合も行われました。

吹奏楽部
吹奏楽部
演劇部
演劇部
書道部
書道部
合唱部
合唱部
美術部
美術部
バトン部
バトン部
2日間の締めくくりは閉会式。結果発表が行われ、会場は喜びと祝福の空気に包まれました。
そしてフィナーレを飾るのは、伝統となった高3の「扇の舞」。4月からこの日の為に取り組んできました。心配された雨も上がってグラウンドの状態も良くなり、全員が保護者の方々や後輩たちに見守られて披露できる喜びにあふれていました。
乙女祭実行委員長長嶋さんの「今年の乙女祭が皆さんにとって最高のひと時だったと感じていただけたら嬉しいです」とのお礼の言葉に、生徒から感謝の声と拍手が送られました。
宍戸校長からは、乙女祭に関わって下さった同窓会、後援会の保護者の皆様、そして近隣の方々への感謝、そして「舞台発表のアクシデントや、壇上で感極まってうまく話ができない人に対して、みんなが応援して支えようとする光景が今年も見られました。佼成女子には、そうした思いやりの心、素晴らしい佼成マインドがあります。この佼成マインドにプライドを持って、今後の学校生活に役立ててもらいたい」との言葉がありました。

結果発表
高3「扇の舞」
生徒たちの手による、2日間の大きな行事が終わりました。
保護者の皆さま、当日ご来場の皆さま、近隣の皆さま、本当にありがとうございました。

【結果発表】
舞台部門
第1位 1年B組「パンドラの箱」
第2位 1年F組「Arrabiana アラビアーナ」

コーナー部門
第1位 3年1組「水あそびせえへん?」
第2位 2年F組「ケイの部屋」
第3位 2年E組「顔ネタリウム」
第3位 2年A組「カエデットコースター」

食品部門 
第1位 3年F組「Bubbles’ Party」
第2位 3年C組「MURA-NO-COFFEE」

垂れ幕部門
中学の部 第1位 3年1組
高校の部 第1位 3年F組、第2位 1年E組、第3位 1年F組

Tシャツ部門
中学の部 第1位 1年1組 3年1組
高校の部 第1位 1年B組、第2位 3年C組、第3位 3年B組

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)