中学入試2月1日(木)、佼成学園女子中学校の入学試験がスタートしました。この日は午前と午後に分かれ、人気の「PISA型」、注目の「自己アピール型」を含む全5種の入試が行われました。入試はこの日から3日を除く5日まで連日行われ、2月11日が最終日となります。

中学入試初日、受験生の皆さんは保護者の方々と共に元気よく校門をくぐりました。入り口には早い時間から塾の先生も激励に駆けつけてくださいました。「PISA型入試」は、翌日に答案分析資料が配布されます。
事前に説明会に来られた保護者の方々には図書室でお待ちいただき、ホールでは、受験生の保護者の方々に改めて本校の説明をさせていただきました。

宍戸校長
「子供たちが準備してきた力を精いっぱい出せることをお祈り申し上げます」(宍戸校長)
内山教諭
本校の教育を、1.英語教育、2.海外研修、3.人間教育、4.進路指導の4つの観点からご説明いたしました。
「英語の佼成」と言われて久しい本校ですが、高校が第1期のスーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校となり、また昨年11月のSGH全国高校生フォーラムにて本校のスーパーグローバル(SG)クラスの生徒が最高賞の文部科学大臣賞を受賞したこともあって、近頃では「グローバルの佼成」とも言われています。
最近よく聞かれる英語の4技能(読む、聞く、話す、書く)についても、本校では14年前からイマージョン授業やネイティブ教員による英会話授業、クラスのみんなでがんばる「英検まつり」などを通じて先んじて実施しており、さらに中3での中期留学プログラムは現在2期生が留学中と、進化を続けています。
その結果、2017年度では中3生の英検3級以上の取得率は100%。さらに今年度あと1回の英検を残した段階で、73%が準2級以上を持っています。佼成女子の中学では、普通に勉強していれば英検準2級が当たり前、そういう土壌ができているのです。

2017年度中3生英検3級以上取得率

また、また高校に上がった際の海外研修や異文化交流プログラム、佼成女子の「行事が人を作る」人間教育や進路指導等についてもご説明させていただきました。

2018年度 中学入試概要
http://www.girls.kosei.ac.jp/junior/prospectus_j/gaiyo_j/

【これから佼成女子中学、高校を受験される方へ】
受験生の皆さんは、時間に余裕を持って受験会場に到着して下さい。時間の余裕は気持ちの余裕につながります。本校の電話番号をメモしておき、試験当日のアクシデントなどありましたら、すぐにお電話でご連絡、ご相談ください。
本校近くの京王線の踏切は、通勤時間帯にはほぼ遮断機が降りた状態となります。
千歳烏山駅利用の場合は、仙川駅寄りの西口改札を出て右側(南口)の出口から、踏切を渡らないルートでお越しください。
付添いの保護者の方用の控室がありますので、校内でお待ちいただけます。校門でお尋ねください。

どうか体調管理にお気をつけいただき、あきらめずに最後までがんばって下さい。
その他、受験について何でもご相談ください。
03-3300-2351(代表)
03-3300-2369(広報室直通)

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)