中学卒業式3月23日(金)、本校講堂にて、佼成学園女子中学校の卒業式が行われ、保護者の方々、中1中2の後輩たちの見守る中、堂々と卒業証書を受け取りました。皆さん、卒業おめでとうございます!

この日は、前々日の雪が嘘のような曇り空からの春空となり、校庭の椿やほころび始めた桜が美しく映えていました。
いよいよ卒業式の日。吹奏楽部の「糸」の演奏をバックに、中学3年生たちが入場。1人ずつ校長先生から卒業証書を手渡され、佼成学園女子中学校の3年生26人が中学校を卒業しました。ニュージーランド中期留学生9名は帰国後に一歩遅れて卒業証書を受け取りますが、この日はその不在の仲間たちのために、9つの椅子も用意されていました。

宍戸校長宍戸校長先生は日本の戦後を代表する詩人、茨木のり子さんの「みずうみ」という詩を紹介してくださいました。
“人間は誰でも心の底に しいんと静かな湖を持つべきなのだ (中略) 教養や学歴とはなんの関係もないらしい 人間の魅力とは たぶんその湖のあたりから 発する霧だ”(一部抜粋)
「私はこの部分にとても共感しています。学校は学びの場であり、学業を修めるのはとても大事なことです。しかしそれに加えて、人間力を高めることは、より大切です。家庭生活や学校生活を通しての経験が、茨木さんのいう“しいんと静かな湖”を少しずつ育んでいるのではないかと思います。どんなことをするにしても、最後は人間性です。皆さんは、佼成マインドを見につけた自分に自信を持ち、人の生きる力に光を与え、困難に直面してもくじけず、自分の夢へと進む道を切り開いていってください。その姿が、皆さんの存在が、これからの日本や国際社会の未来を切り開くことになると信じています」

続いて、学園長賞ほか、内部表彰、外部表彰の授与式が行われました。

送る言葉在校生からの「送る言葉」は、中学副会長の生井さん。入学してからずっと温かく接してくれた先輩たちへの感謝の気持ち、ニュージーランド修学旅行の体験報告会で、英語で堂々と発表する先輩方の姿に大きな感動を覚え、早く自分達も修学旅行に行きたいという気持ちになったこと等、先輩方との思い出を語りました「私達にとってはいつも明るく偉大な先輩でした。同じ校舎でお目にかかれなくなるのは、とても寂しいです。ご卒業の後、大きな壁や困難にぶつかることもあると思います。それでも、先輩方ならきっと乗り越えていけると信じています」

卒業生の言葉「卒業生の言葉」は卒業生代表の栗原さんから。
中学の3年間を振り返って、クラス1人1人の個性が強く、お互いの気持ちがすれ違ったり、くだらないことで口論するときもあったこと、たくさん悩んで友達に話して共感してもらったりしたこと、そんないろんなことがあっても、今はクラスのみんなと一緒にいて楽しいと感じるようになったそうです。
「それは、友達の良いところを見ることができるようになったからだと思います。2年生の時に、友達にメッセージを書く機会が何度かありました。クラスの1人1人のことを考え、言葉にすることで、今まで嫌なところばかりに目がいっていた私達も、自然とお互いに認め合える関係になっていったような気がします。登校時やお昼休みのおしゃべり、授業で笑い合える空気、佼成学園でのささやかな日常のすべてが、私達を楽しい気持ちにさせてくれました」
そしてニュージーランド修学旅行の思い出、日本語の通じない場所で、みんなで励ましあって乗り切ったこと、中期留学に臨むメンバーとのしばしの別れで号泣したこと、そしてクラスメイト1人1人へのメッセージがおくられました。
「佼成学園での生活を通して、自分の思い通りにしようとするのではなく、1人1人の性格の違いを受け入れることが大事だということを学びました。私たちが3年間で佼成学園に登校した日は、今日を含めて711日です。この711日の中には、友達と気まずくなって悩んだ日、一緒に行事をやり遂げて感動した日、先生に怒られた日、どんな日も1つの教室で共に生活し、共に乗り越えてきたこの26人は、まるで家族のようでした」
栗原さんの言葉は、支え、見守ってくれた家族や先生方の感謝の言葉、そして1、2年生へのメッセージで締めくくられました。「友達の良いところを見ることで、学校はとても居心地のよいものに変わります。みなさんも家族のようなクラスを作っていってください」

最後に全員でお別れの歌「花は咲く」を英語と日本語で合唱し、卒業式は閉幕となりました。卒業生たちは客席に一礼し、最後に大きな声で先生にお礼を言って、退場していきました。

卒業証書その後、保護者の方々を迎えて教室で最後のホームルームが行われ、卒業生たちは改めて担任の先生から卒業証書を受け取りました。卒業を祝う会は、中期留学生帰国後の4月3日に改めて行われます。

義務教育を終えた卒業生たちは、いよいよ4月から高校生。たくさんの新しい仲間との出会いが待っています。

【卒業生各種受賞者一覧】
1.内部表彰
学園長賞 徳久聖奈

3ヵ年皆勤 
栗原彩乃 徳久聖奈

2.外部表彰
日本私立中学高等学校連合会長賞 竹内朝海
東京都中学体育連盟体育優良生徒 栁澤菜々子
東京都私立中学高等学校協会 第八支部保健体育研究会賞 柿本音波

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)