ロンドン研修4月13日(金)、高3スーパーグローバルクラスは英国へと旅立ちました。6週間にわたるロンドン研修のスタートです。

ロンドン研修の最大の目的は、昨年夏にタイで実施したフィールドワークの成果を、ロンドン大学でご指導いただきながら英語の論文に仕上げることにあります。

ロンドンでの学生生活が始まる前の2日間、クラスでオリエンテーションを行いました。

ロンドン大学1.研修先の確認
研修先となるロンドン大学とSt. Giles語学学校は、ロンドン中心部のBloomsbury地区にあります。大英博物館を中心とした、文化的に洗練された文教地区です。大学周辺を散策しながら、講義を受ける建物や最寄り駅の位置を一緒に確認しました。天気にも恵まれ、生徒たちは晴れやかな気持ちで研究生活への期待をふくらませていました。


地下鉄2.生活に必要な事柄の確認
6週間におよぶ留学生活では、学習面だけでなく生活面でも主体的に行動しないといけません。生徒たちはOyster CardというICカードを使って、ロンドン名物の赤い二階建て路線バスや、世界で最も古い歴史を持つ地下鉄に乗りました。また、生徒たちには現地で使用するための携帯電話が1人1台与えられます。その使用方法を一緒に確認しました。その他にも、国際キャッシュカードを使ってATMで現金を下ろす練習や、スーパーのセルフレジでの買い物も体験しました。

3.市内の観光
ハードな留学生活が始まる前の楽しいひと時として、ロンドン市内を観光しました。まずは世界遺産ウェストミンスター寺院やビッグベン、首相官邸などを見学。それからテムズ川の水上バスに乗ってグリニッジへ向かいました。生徒たちはデッキに出て風に吹かれながら、タワーブリッジやシティなどの名所を写真に撮っていました。グリニッジでは歴史的な景観を残す街並みを散策してから、小高い丘を登って旧天文台を訪れました。グリニッジ天文台には経度0の線があり、その境界線に立つことができます。生徒たちは片足を西半球、片足を東半球に置いて、無邪気に写真を撮って楽しんでいました。

ロンドン市内を観光ロンドン市内を観光ロンドン市内を観光ロンドン市内を観光


4.ホストとの対面
オリエンテーションを終え、日曜の夕方にはホストファミリーとの対面です。これからの留学生活、一人一人、異なるホスト宅でお世話になります。ミーティングスポットのArnos Grove駅前で待つ生徒たちのもとに、ホストファミリーが、次々と迎えに来てくださいました。待機中の生徒たちは一様に緊張した面持ちでしたが、ホストマザーやファザーの穏やかな笑顔や温かな抱擁に、表情を緩ませて一緒にホームステイ先へと向かっていきました。

ホストとの対面ホストとの対面


日本の住み慣れた家を離れ、近代西洋文明の中心都市での留学生活をスタートさせたSG2期生たち。その学びの様子については、次回の記事でご紹介します。どうぞお楽しみに。

スーパーグローバルクラス

(文責:SGクラス担当 秋田)