Napier Girls’High School来校4月23日(月)、ニュージーランドのNapier Girls’High School(ネイピア・ガールズ・ハイスクール)の生徒22名が、引率の先生方3名と共に来校されました。同校は、佼成女子の留学コースの生徒の留学先のうちの1校であり、5年前に本校の姉妹校となって以来、来校は今年で3回目となります。フォトレポートでお送りします。

ネイピア・ガールズ・ハイスクール(以下ネイピア校)(http://www.nghs.school.nz/)は、ニュージーランドのオークランドから飛行機で1時間ほどのネイピア地区にある、創立130年以上の古い歴史と伝統のある女子校です。ネイピア地区は、温暖な気候でたくさんのワイナリーがあり、アールデコ様式の建築物が並ぶ美しい街です。
ネイピア校は本校の留学コースの生徒たちの留学先として長年お世話になっており、そのご縁で2014年に本校と姉妹校となりました。同校は2年に1度、2週間のジャパンツアーが組まれ、日本語授業を受けている生徒を中心に京都、広島、大阪、そして東京を回っています。東京滞在中は本校生徒宅にホームステイするのが恒例となっており、今年もステイ先から生徒と共に、すっかり打ち解けた様子で登校してきました。ステイ先の生徒宅は留学コースの3年生と1年生が中心で、留学を終えた3年生宅ではお世話になった恩返し、1年生宅では来年1月からのニュージーランド留学の疑似体験として受け入れて下さっています。

司会関西方面を旅行してきたネイピア校の皆さん。ジャパンツアーも、あと2日を残すのみとのことでしたが、そんな疲れも見せず、元気いっぱいでセレモニーや授業体験をこなしていました。
まずは歓迎セレモニーです。昨年12月にニュージーランド留学を終えた3年G組留学コースの生徒が参加しました。
司会と歓迎のあいさつは、3年G組の菊池さんと愛須さん。2人の留学先はネイピア校だったので、今回来日したメンバーとは日本語クラスで共に勉強した仲。再会をとても楽しみにしていたそうです。


宍戸校長宍戸校長も英語で歓迎スピーチ。
「貴校と佼成女子にはすばらしい結びつきがあります。本校の留学生がたくさんお世話になり、私も何度も訪問しました。8年前にはニュージーランドの元首相のジョン・キーさんも本校に来て素晴らしいスピーチをしてくれました。以来、本校のグローバルセンターは、ジョン・キールームとも呼ばれているんですよ」


ネイピア校ネイピア校からは、代表のキャシディ(Cassidy)さんが日本語でスピーチ。
「私たちのホームステイを受け入れてくれてありがとうございます。私たちは日本語を勉強していますが、それは日本や文化にとても興味があったからです。なので、ホストファミリーと一緒に少し日本の生活を体験できたことがとてもうれしかったです。今日は学校の授業体験などを楽しみにしています」


ハカ佼成女子からは歓迎の印に「ポカレカレアナ」を歌い、ネイピア校からは歌とハカが披露されました。ハカはマウリ族の踊りですが、このハカは2010年にネイピア校のために作られた、女子だけのハカだそうです。

歓迎セレモニーのあとは、佼成女子での1日のスタートです。
まずは少人数に分かれてスクールツアー。ニュージーランド留学のレポートが壁一面に貼られたグローバルセンターや、生徒たちの憩いの場のランチルーム、図書室、講堂、美術室などを見ていただき、中学生たちの授業もちょっと見学。中学生たちが喜んでいました。

次は1年E組の生徒たちとの交流会。1年E組は、来年1月にニュージーランド留学を控えています。最後にハカも教えてもらいました。

校内見学
留学コース
さらに、美術、音楽、書道の、本校の生徒たちの通常の授業に参加しました。美術では風景画のコラージュを作成。書道ではみんなで刻印を作り、とても上手にできました。皆さん大事にお持ち帰りになりました。

授業体験
授業体験
SGクラスの英会話授業では、本校生徒がネイピア校生徒さんに日本の文化をプレゼンテーション。お茶や着物といったトラディショナルなものから、ジブリ、ぐでたまと、幅広く。

最後は中3と交流。楽しい遊びを用意して、盛り上がりました。

日本の文化をプレゼンテーション
中3と交流
ついにやってきたお別れセレモニーの時間。ネイピア校の日本語の先生であるウィンチェスター先生から、「今日は素晴らしい体験ができました。来る前はみんな緊張と不安があったんですけれど、ホームステイがとても楽しかったそうです。本当にお世話になりました。皆さんもニュージーランドに来てください」と日本語でスピーチいただきました。

最後に皆さんで披露してくださったハカは、歓迎セレモニーのときよりも迫力がありました。きっと、今日の感謝の気持ちを伝えてくださったのだと思います。すっかり仲良くなった両校の生徒たち、最後には目頭が熱くなるような別れを惜しむシーンが。
ネイピア校の皆さん、本校に来てくださいまして、本当にありがとうございました。

(佼成学園女子中学高等学校 広報室)