国語科

国語は、「読む」「書く」「話す」「聞く」の基礎的な力を養い、豊かな表現力と感性をそだてることに重点があります。学力を高める最良の方法のひとつは読書です。本校では「読書作文」の授業があり、読んで考える力(読解力)、文を書いて自分の考えを適切に伝える力(表現力)を高めていきます。
中学3年間は、「子どもの日本語」から、「大人の日本語」へ変わるスタートの時期です。正しく美しいことばの世界へ足を踏み入れましょう。

山口典子 先生
国語科
数学科

小学校で学んだ「算数」の基礎知識を土台として、中学校で学ぶ「数学」では、数量及び図形の性質について研究していきます。
週5時間の授業で使用する教材は、6ヵ年教育をサポートする「体系数学(代数編・幾何編):数研出版」です。また、チームティーチングや少人数習熟度別などの生徒の能力に応じた授業を展開しています。毎回宿題を課し、チェックすることで、自学自習の習慣を身につけることができます。わかりやすく丁寧な指導によって、確実な学力の定着をはかります。

吉村直人 先生
数学科
理科

理科は「なぜ?」で始まり、次の「なぜ?」で終わります。疑問が仮説に変わり、実験や観察で検証し、結果が考察を生み、考察が新たな疑問を生みます。授業中に皆さんの中に現れる「なぜ?」は、そのまま最先端の研究につながることも少なくないのです。皆さんが科学者として振るまい、新たな発見をしたとき、探究の楽しさと喜びを味わい、同時に、科学的なものの見方を身につけ、本物の知識を得ることができるようになります。ただの暗記にはとどまらず、自ら進んで手や頭を働かせて、現象の本質に迫りましょう。

松村泰敬 先生
理科
社会科

国際化が進む現代においては、互いに異なる利害の対立をどのように調整していくかが最大の課題といえます。そのためには、なぜ対立が生まれ、その対立をどのように調整すべきかなどを、より多面的に深く考えてなければなりません。世界の一員として自分の出来ること、自分のすべきことを認識し、自分なりの考えを持つことが重要です。

内山立人 先生
社会科
英語科

「基礎」「英会話」「イマージョン」の3要素で英語のカリキュラムを構成しています。基礎授業は、日本人教師がきめ細かく一人ひとりに対応し、英会話とイマージョン授業(音楽、美術)は外国人教師が中心。週に4〜5時間、外国人教師の授業を受けていると、英語力の伸びが確実に違ってきます。また、英検では、中学3年で準2級が取れるレベルを全員が目指します。このような環境で生まれる「英語が好き」「英語が得意」という気持ちが、生徒たちの自信を育んでいきます。

山室佳子 先生
英語科
Native Teacher

A three-year cohesive course designed to allow each student the opportunity to study with native teachers on a regular basis and provide a clear assessment of individual progression in the students acquirement of the English language.
Lessons with native teachers concentrate primarily on speaking and listening activities based on everyday life situations which enable the students to develop their skills in a productive environment.

Mr. Stefan Van Eycken
Native teacher