中学時代に本格的な留学を経験

2014年度入学生から、「英語の佼成」をより進化させ、中学から高校への移行期をより充実させるプログラムが始動。

中期留学プログラム

中期留学プログラム2014年度入学生から、中学の中期留学プログラムを導入しています。今や「世界の公用語」である英語力を早い時期から身につけることはグローバル社会において必要不可欠であり、創立者の願いである「国際社会の平和に貢献できる人材の育成」を推進するための大きな原動力になることは間違いありません。中学3年の3学期に全員参加のニュージーランドへの修学旅行を実施します。希望者はそのまま残り、中期留学に参加します。中学のこの時期にホームステイをしながら現地の提携校に通うことは、英語学習へのモチベーションがアップするだけでなく、精神的な自立を促すことにもつながります。本校ではこの他に高校でのニュージーランド長期留学・英国短期留学のプログラムも導入されており、生徒は自分の希望に応じてチャレンジすることが可能です。

実施概要

期間:中学3年1月下旬(修学旅行後)~4月初旬(新学年開始前)
場所:ニュージーランド 北島 オークランド近郊
滞在:1人ずつ1家庭にホームステイ
学校:現地の学校に2~3人ずつ通学

提携現地校

高校の特進留学コースにおけるニュージーランド長期留学が始まって10年が経ちました。その経験と実績が現地でも認められ、中期留学プログラムにおいては、7校の提携現地校が決定しています。それぞれの学校の特徴をしっかり把握し、本人の志向・希望に合わせて適切にマッチング。生徒一人ひとりの留学体験が充実したものになるように、最高の環境を用意しています。

St Mary’s College / Carmel College / Kelston Girls’ College / Orewa College / Whangaparaoa College / Westlake Girls High School / Epsom Girls Grammar School 計7校を予定

留学までの流れ

中学3年の2学期に留学するかどうかを決定します。中期留学の参加希望者は、日常の学習への取り組みの姿勢や基本的生活習慣が身についており、成績が中学3年1学期で英検3級以上または英語の成績が10段階で7以上であることが望ましいと考えています。

中期留学プログラム

中学1年 3学期:中期留学プログラム説明会
中学2年 進路説明会にて中学中期留学プログラム説明
3学期:高校進路希望の三者面談実施
中学3年 2学期:1学期の成績で、高校への進学およびコース決定
中期留学総合英語講座/中期留学プログラム講座
夏休み・冬休み:事前合宿

国内プログラム

「将来は理系に進みたい。国立大学受験に向けて学力全体を底上げしたい」そんな理由から中期留学の参加を見送る生徒には、国内生向け特別プログラムを用意しています。修学旅行から帰国後の3学期、中学から高校への大切な移行期をどう過ごすかで、次なるステップが変わります。高校入学にふさわしい学力をしっかりと養成するだけでなく、授業内容に自由度を設けて、自分の得意分野である理数系の力をさらに伸ばせるような魅力ある授業を展開。進路の方向性を定め、将来への基礎固めを確実にしていきます。また、異文化体験をしてきたニュージーランド修学旅行直後でもあるので、国際理解を深めたり、英語力を高めるイベントも予定。「鉄は熱いうちに打て」の言葉通り、国内においてもグローバルな力を養っていきます。

プログラム一例

1週目 修学旅行振り返り
2週目 第3回英語検定参加
3週目 NZ 大使館表敬訪問と都内社会科見学
4週目 高校入試チャレンジ
5週目 スピーチコンテスト/異文化交流プログラム
6週目 学年末試験対策