佼成の学び

きめ細やかな学習指導で、確かな学力を育む。

普段の授業で基礎知識を習得し、講習や合宿で応用力と自学自習の習慣を身につけます。学力を確実なものとして、受験への力にします。

【学びの特色】

学習合宿

高校3年生では、春と秋の英検合宿を筆頭に、英語、数学、社会など、個々の必要に応じて学習合宿を実施。2泊3日の校内(あるいは外部施設)合宿で、クラスの仲間と連帯感を深めます。勉強のペースづくりをしながら苦手教科を克服し、小さな達成感を獲得。次のステップへと進む意欲を養います。

「論理エンジン」の導入

思考のプロセスから答えに至るまでの道筋の読み取りを徹底化して、国語力のみならず、「論理力」と「思考力」を鍛える教育システムです。大学入試における評論問題などを論理的に読み解くことによって、設問に対して筋道を立てての説明・理解が可能になります。

Transfer of learning(学習の転移)

1つの教科の成績上昇が他の教科に波及して、全ての学力の伸びに繋がっていく、これを“Transfer of learning”(学習の転移)と呼び、本校では英語を基軸教科にしています。「やればできる」という成功体験と得意科目がある自信を生徒に与えることで、生徒の総合学力の底上げを図ります。

通年のプログラム「講習室」

教師と受験専門スタッフによる特別なプログラム「特別進学講習《講習室》」を用意。月曜日から日曜日まで通年開いています。通常は放課後から夜8時半まで、夏休みなどの休業期間中は朝9時半から夕方6時半まで開講。受験勉強だけでなく授業の内容とリンクしており、全コースの生徒が対象になっています。