【グローバル・英語】>【佼成のグローバル教育】 受験対策と成果Preparing for the Next Stage

課題研究・グローバルな学び・英語力
身につけた力を活かして大学受験

大学入試環境が大きく変わるなか、佼成女子の生徒たちは
課題研究・グローバルな学び・英語力によって目覚ましい成果を出しています。
SGクラスの成果をご紹介します。

SGクラスの推薦入試対策

国公立大学や難関私立大学の推薦入試では、大学のアドミッションポリシーや推薦要件を読み込んだ上で、
生徒本人が主体となって複数の大学を比較検討し、出願校を決めていきます。
担任教諭は、最新の情報を戦略的に収集分析し、生徒の志望や特性に基づいて個別に助言をすることによって、
一人ひとりの受験を支えていきます。

志望理由の明確化
本当にやりたいことができる研究室を探す。
どのように社会を支えていくか深く考える。
出願書類作成
過去-現在-未来をつなぐ軸を意識する。
研究論文(日本語と英語)を提出する。
面接・小論文対策
自分だけのストーリーを論理的に語る。
現代社会の諸テーマに対する洞察力を磨く。
志望校合格
新たな
スタートラインへ
担任教諭によるAO対策指導
生徒4名がノートパソコンに向かっています。
志望する大学のアドミッションポリシーや募集要項を分析する高校3年生
SGクラスの生徒が出願し合格した推薦入試例
国立T大学の推薦要件
高等学校等において、国際的な課題をテーマとする探究的な学習や、国際交流に関する活動に取り組み、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的な素養を身に付けた者(その根拠として、本人の作成する「活動報告書」を添付のこと)で、本学の個別学力検査等に合格できる程度以上の学力を有する者
私立J 大学の推薦出願書類
1. 自己推薦書
2. レポート(2000字)
「あなたが現在関心を持ち、大学でさらに学びたいと考えているグローバル・イシューを1つ取り上げ、それがどのような問題なのか説明した上で、その理解と解決のためにグローバルな視点とローカルな視点がどのように重要であるかを、具体例を挙げながら述べなさい」

推薦入試と一般入試の成果

激変する大学受験にいち早く対応して成果を収めています。海外大学にチャレンジする生徒もいます。

SGクラス1期生14名 進学先と受験方式
推薦入試の成果
推薦入試では、国公立大学や難関私立大学の合格を次々と勝ち取りました。 全員、課題研究とグローバルな学びの体験を具体的にアピールしました。
円グラフ、推薦入試による国内大学進学8人、一般入試による国内大学進学5人、海外大学進学1人
一般入試の成果
一般受験では、日々の授業や放課後講習で鍛えた受験学力を存分に発揮しました。特に、英語4技能を活かせる入試では抜群の成果を収めました。
推薦入試の合格実績
国公立
  • 筑波大学-医学群看護学類 (公募推薦)
  • 首都大学東京-経済経営学部(AO グローバル人材育成入試)
私立
  • 上智大学-総合グローバル学部(公募推薦)
  • 明治大学-政治経済学部(グローバル型特別入試)
  • 中央大学-経済学部 国際経済学科(英語運用能力特別入試)
  • 立教大学-経営学部, 現代心理学部, コミュニティ福祉学部(自由選抜入試)
  • 津田塾大学-学芸学部 国際関係学科(AO)
  • 昭和女子大学-国際学部 英語コミュニケーション学科(AO)
  • 成城大学-社会イノベーション学部(AO)
一般入試の主な合格実績
国公立
  • 北海道大学-法学部
  • 千葉大学-国際教養学部(英語面接含む)
私立
  • 慶應義塾大学-看護医療学部
  • 上智大学-看護学部
  • 明治大学-経営学部(英語TEAP利用)
  • 東京女子大学-現代教養学部
  • 白百合女子大学-文学部
  • 立命館アジア太平洋大学-国際経営学部
他多数